ここから本文です

日本がアメリカのように空母を保有するにはどれくらいの費用が必要ですか?原子力...

ikaruga_asukaさん

2006/10/401:11:42

日本がアメリカのように空母を保有するにはどれくらいの費用が必要ですか?原子力の有無はここでは考えません。
素人考えで単純に考えても、空母本体の他に、専用の戦闘機の調達、及び空母からの発艦、着艦に特化したパイロットの養成、他に母港の整備、さらに空母を護衛する艦船の補充。
一隻だけの保有だと、整備の間、作戦に支障があるため、実践で運用するためには数隻保有しないと意味がないと聞いたことがあります。
初期投資も含め相当ランニングコストがかかる様に思えますが、実際の所どうなんでしょう、日本の防衛費でまかなえますか?何よりも今の日本の防衛に必要でしょうか?

閲覧数:
39,827
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lipfeltさん

編集あり2006/10/1007:18:24

ニミッツ級CVNの場合、建造費450億$(03)、船体維持費や直接・間接運営費の合計で年平均4億2700万$(97。50年就役として計算)。海自年間予算約1兆900億では建造すら不可能です(本年度防衛予算は約4兆8000億)。なお、仏のシャルル・ドゴール級CVNの建造費は4250億とニミッツ級より格安ですが、仏海軍では維持・運用費の問題から、他の艦船の稼働率に影響が出る等の皺寄せがきました。
これが、CVFになると英次期空母で建造費が約2670億、キティホーク級で年平均コストは2億8200万$(97)とされるので、CVNよりはまだマシですが、仮に建造出来たとしても、金以上に深刻なのは人員です。

米空母(CVN、CVF共に)の場合、1隻で乗員・航空団合わせて5000~6000ですが、これは海自の3個護衛艦群(1個で約1700)に匹敵します。常に1隻を稼動させた状態におきたいなら、少なくとも3隻(4隻で多少の余裕が出来る)必要とされますから、空母乗員だけで最低でも15000の人員が必要になります(海自人員は約45000)。

また、日本には発着艦を別にすればパイロットはいるにはいますが、パイロット同じく職人芸を要求されるLSOやカタパルトクルーが皆無の点は、パイロット以上に深刻な問題です。さらに、カタパルト等といった空母に必要な技術開発も非常に困難なものとされます。

他の問題ですが、空母を護衛できる艦もいません。護衛艦で米のタイコンデロガ級や、アーレイバーク級に準じた防空能力を有するのは、こんごう級とあたご級のみで、これら以外の艦では大きく劣ります(むらくも級、たかなみ級のVLSのセル数は、上に挙げた米艦の1/4~1/3。他の護衛艦ではVLSすら装備していない)。また、随伴できる潜水艦や米ほどの大型補給艦も皆無です。

あと、空母が繋留出来る岸壁も海自にはありません(米空母は「米軍の岸壁」を使用している)。




うん、絶対無理だね。日本の戦略から考えても、今の所は不要ですしね。
http://mltr.e-city.tv/faq05a02.html#00991d02
http://www.fas.org/man/dod-101/sys/ship/cvn-68.htm
http://www.fas.org/man/dod-101/sys/ship/index.html

質問した人からのコメント

2006/10/10 20:56:03

驚く やはり保有するためには莫大な費用がかかりますね。アメリカほどの経済力がなければ持てない軍備だと言うことが解りました。
過去においても実践で空母を使用したのはアメリカと日本だけです。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yoka500さん

編集あり2006/10/412:19:54

●建造費
ニミッツ級原子力空母の建造費は大体3~5兆円。多少小型の空母を導入するにしても、研究から考えれば同等の金額がかかる可能性があります。

●運用費
ニミッツ級の運用コストは年間数千億円。原子力は運用コストが高いです。
通常動力を導入すればだいぶ抑制されますが、その場合は給油艦(約1千億円)もセットで導入しなければなりません。

●航空戦力
FA18は1機約100億円。ニミッツ級だと約80機積んでますので、購入費だけで8000億円かかります。

●防衛戦力
空母は単なる「浮かぶ飛行場」ですので、防空艦や対潜艦と艦隊を組む必要があります。この点については幸い、現在配備されている護衛艦で代用可能でしょう。

●その他の問題点
①空母艦載機は短い飛行甲板で離着陸するため、離陸時の騒音は通常戦闘機の比ではありません。そしてより頻繁に訓練をする必要があります。
空母艦載機とはいえ、訓練や管理の大半は陸上基地で行います。キティホーク艦載機は厚木を拠点にしていますが、厚木周辺の騒音問題が深刻なのはご存知のとおり。騒音問題は解決するどころかより深刻化します。

②日本の潜水艦は沿岸行動を前提としたディーゼルSSですので、空母の行動についていけません(最大戦速だと数時間でバッテリー&空気切れ)。原子力潜水艦を開発しないかぎり護衛の役目を果たせず、空母の運用は相当制限されます。


結論:割に合わない。
今は海空戦より海陸戦が重視され、どの国も空母なんか見向きもせずに強襲揚陸艦の整備に力を注いでいる時代です(もちろん日本も)。空母はもともと国土防衛用ではなく、外洋での海空戦を想定した武器です。今さら空母をほしがるのは時代遅れと言えます。

ちなみにF15なら築城から朝鮮半島まで15分、中国大陸まで30分。竹島や尖閣諸島までなら数分です。こんな狭い海域に空母置く意味ってあると思いますか?

saiphysさん

2006/10/410:53:54

日本で空母が採用されないのは防衛任務に必要無いものだからです。

そもそも空母というものは航空機をより遠くで活動させるために航空基地を海に浮かべたようなものです。日本の防衛のみに使用を限定している現在では空母の使い道がありません。同じような理由で、自衛隊ではアメリカから航空機を購入する際に空中給油用の装備を取り外したりします。

2006/10/404:46:32

A1:日本の防衛に航空母艦を導入したほうが良いでしょう。その代わり、国内に点在する海上自衛隊の航空基地を減らして、航空自衛隊が一部担っている海上自衛隊に関する業務を移管するという条件です。

A2:初期投資は、通常空母建造費用でしたら、何とかなります。A1の条件を実行すればです。ランニングコストは、基地周辺の住民に支出する費用を考えたら、まだ航空母艦のほうが安価でしょう。海の上で騒音が発生しても、国家賠償請求をする住民はいませんから。

A3:航空母艦を用いた海戦を経験した国は、旧大日本帝国海軍及び合衆国海軍のみです。太平洋戦争時の航空母艦の位置付けは「洋上を移動する航空基地」ですが、これは現在においても変わりはありません。

国内の土地に、周辺住民の反発を買って、強制収容しながら基地を設けるよりは、航空母艦を導入して、そういう懸念を消去するほうがマシでしょう。北朝鮮がミサイルを飛ばして、南朝鮮が竹島を勝手に占拠しているような状況では、航空母艦のような機動性のある防衛力は必要です。長野県のように、不必要な公共事業を復活させる税金無駄遣い地方公共団体の地方交付税交付金を全部削減しても、まだ航空母艦の建造運営費用のほうが安価です。

もっとも、下半身スキャンダルで任地国に弱みを握られているキャリア官僚が支配している外務省では、例え、航空母艦を10隻導入しても相変わらず弱腰で、主張すべきことを主張しないで、代りに任地国の主張を国内で吹聴していますから、税金の無駄遣いになる可能性はあります。

runing990さん

2006/10/402:53:28

イージス艦が一隻8千億くらいだったと思うので
2兆円くらいはかかるんじゃないですか?
今の日本の防衛費では賄えないでしょう

そうえば・・・・

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。