ここから本文です

天皇が神の子孫というのは、史実ですが、なぜ最近は神の力を使わないのでしょうか...

nazosataさん

2012/10/1110:41:56

天皇が神の子孫というのは、史実ですが、なぜ最近は神の力を使わないのでしょうか?

史実では、神風、モンゴルの日本侵略の時にお力を発現させたのは有名ですよね。

やはり、神々の血筋が

(とくに、平民との結婚により)薄まってしまったのでしょうか?

補足>人文系科学をなめてはいけません。
神学ってのもありますよ。
アメリカの4割が創造論を認めているという話も。

とはいえ、日本の神は全知ではない、ニニギ、震災・・・・、どれも興味深い回答です。

イワナガヒメの呪いは、短命という事でしたが、能力を封じられた・・・という解釈もありだと思います。

閲覧数:
1,088
回答数:
14

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

poirot21thさん

編集あり2012/10/1121:50:15

あれ?つい最近も神風は吹きましたよ。
知らないんですか?

福島原発4号基で調べてみてください。
実に奇跡的な偶然の積み重で爆発を免れたかわかります。

もし使用済み核燃料プールのある4号基があの時逝っていたら東京は人の住めな
い場所になっていたでしょう。

これを神の加護と言わずなんといいましょう。

この様に神通力とは『物の見方』の問題なんです。

質問した人からのコメント

2012/10/17 19:24:13

東日本の震災や津波は防ぐことは、突発的に起きたことなので、対処はできませんでしたが、原発事故の最悪の事態を回避したのは、もちろん、対処に当たっていた人々でしょうが、それを霊的な力で影なら支えたのは、天皇家の力かもしれませんね。
他の人のご意見も参考になりましたが、この回答が一番正しいと思いました。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2012/10/1508:13:14

イワナガヒメの呪いは後世の作文です。神話は半ば創作物と見るべきで、元になった原典類を見比べて、流れを追う必要があります。

多くの社家は皇室の体面を傷付けないように配慮して、古い時代の託宣集などを非公開にしています。九州の闇無浜神社『豊日別宮伝記』もそのような古文書の一つでした。古い社家の間では、それなりに存在が知られており、幾つかの家の庫で写本が保管されていました。近年一般公開され、誰でも読める状態になっています。

日本全国の神社から、天照大神・荒魂・瀬織津姫の名が抹消されていったのは、この祟り神が皇室の体面を保つうえで、非常に都合の悪い託宣を繰り返したからです。古い時代宮中に祀られていた倭大神(倭大国魂神)も、同じような扱いを受けています。二柱の神は宮中から追い払われて、伊勢神宮に落ち着くまで諸国をたらい回しにされました。倭大国の神の地位をはく奪された倭大神は、現在は豊受大神と名を変えて伊勢神宮の外宮に祀られているそうです。

神功皇后に降臨した瀬織津姫は、仲哀天皇に死の託宣をしたことが記紀神話に残されています。豊日別宮伝記によると、倭大神が垂仁天皇に向かって、先皇の御間城(崇神)天皇は、神祀りの源根をまったく分かっておらず、疎かにして枝葉の神祀りしかしなかったから、その命が短くなった.この愚を悔い改めて慎み深く神々を祀ったならば、垂仁天皇の寿命は延長され、天下も太平となるであろう.という内容の宣託をしたことになっています。似たような、天皇の治世の寿命に言及した託宣は、瀬織津姫からも下された記録が残っています。「君が代は千代に八千代に」という国家の歌詞は、このような神々の託宣と呼応して、治世の長久と国家の安泰を祈願した祝詞の言葉だと、現多氏斎王家宗主耀姫様がカフェ・プリマベーラの歴史フォーラムで言及したことがありました。

イワナガヒメの呪いのエピソードの元ネタは、倭大神(現豊受大神)の託宣集だったようです。浦島太郎(瀬織津姫・竜宮城の乙姫の祟り話)や桃太郎(皇祖王の卵生神話・現葵祭)なども、未公開の社家の古文書にルーツを求めることが出来るそうです。月の女神・輝夜姫の物語は、飛鳥時代の王都・明日香の「日が明ける郷」の女神(明姫)に対して、大王(後の天皇)が妻問婚を試みる場合の留意点に言及した社家の古文書が原典になっているようです。イワナガヒメの呪いは、妻問婚の風習が廃れてその実態が見失われた後世になって作文された、かなり新しい伝承と思われます。

編集あり2012/10/1506:30:56

現皇室が姫姓ではないからだと思いますよ。政略結婚で弱体化し、公家化してしまったからでしょう。

うちの一族は、神功皇后(天照大神)のモデルとされてきました。日の巫女の王の名(斎王制度成立以前の名)を世襲してきた、女系継承の巫女神道の社家です。本来の姓は姫ですが、息長氏や多氏の名で呼ばれることもあります。姫姓は周や呉の国姓が伝わったものです。邪馬台国の卑弥呼の使者が、周の官職を名乗ったことなどから、卑弥呼も姫の一族だった可能性が指摘されていますね。古い時代の日本は妻問婚社会だったので、文化的要素は女系継承されました。皇室が男系の継承を重視してきたにもかかわらず皇祖神が女神なのは、母系社会の名残りなのです。斎王制度が存在し神道界の頂点に立つのが女性だったのも、同じ理由からです。平安時代の日本書紀の講義を書き留めた日本書紀私記を読むと、「日本の国姓が姫とされるのはなぜか」の問いに「皇祖神の天照大神が女神であり、神功皇后が女帝だから」と答えた問答が載っています。皇統を生み出した家は姫姓で間違いないようです。ところが大日本帝国陸軍は、朝鮮半島の金という姓の調査を禁止する異例の通達を出しました。つまり、皇室の真の姓がどこかで金に代わり、天照大神の子孫と名乗れなくなったので、皇室には姓がないと言い張っている可能性があります。

皇統の男系の継承が危ぶまれる部分が何か所かありますが、毎回助け舟を出すように顔を見せてきたのが、うちの一族息長氏(多氏・オホ)です。たとえば継体天皇はオホドの大王と呼ばれ、オボ(塚)信仰を伝承する一族を表す多氏の名を冠していますよね。即位前の継体は一時、奈良にあったうちの一族の忍坂(息長庄)の宮に滞在して、阿礼の女官達から天皇になるために必要な専門教育を受けています。

当家の直系は、又従兄妹婚までの婚姻制限を課して来ました。大陸の高句麗国の神宮時代から、おそらく二千年近く続いた伝統です。身内はよく似た顔をしていますが、残念ながら現皇室とは似ていません。祖先は、渡来人の天日槍と言われています。別名は都怒我阿羅斯等(つのがあるひと)。鬼呼ばわりされていたようです。敦賀駅前に銅像が建ってます。男衆は、長さが2.6mもある大太刀の神剣を用いた剣舞を伝承しています。尋常の体力では扱えないシロモノで、現在この神事を担当している者の握力は183kgあります。一族の女性を嫁に欲しいと言ってきた、握力が120kg程度しかない力士が挑戦したことがありますが、物干し竿のような長大な大太刀を、ツバメ返しのように素早く動かすことは絶望的でした。剣舞ができる男性のみが神事を受け継ぐ形で、軟弱な遺伝的要素を淘汰していった結果、千数百年の婚姻制限によって品種改良が進んで、ギネス級の握力を持つ血統へと進化したと思われます。剣舞の担当者は身長197㎝体重160kg弱あり、他の人もかなり大柄なので、千数百年前の祖先が鬼呼ばわりされても不思議はないと思います。一族の女性も成人すれば皆握力は80kgを超えます。右利きですが、左手のほうが握力は強くて、高校時代は116kgありました。日本記録を調べたら、私のほうが上でした(笑)。社家の修行は修験道と共通する要素が多く、非常に過酷なものなので、子供の頃から鍛えられると強靭な肉体を得られます。

皇室も天日槍(都怒我阿羅斯等)の子孫とされる神功皇后(天照大神)直系の男系の一族の筈です。ところが、鬼の体格には見えませんね。同族の筈なのに、顔形も私達と似ていないのはなぜか、こちらが聞きたくなります。政略結婚を繰り返して血が薄まって公家化したとしか考えられません。遺伝子を解析したら、天照大神(天日槍&赤留姫)の血をほんの少ししか継いでいなかった、という結果になりそうな気がします。

うちの一族は手乞などの古武術を伝承しています。現代の合気道の元になった、気を用いて運動神経に干渉して倒す系統の技です。合気道を知らない昔の人は、神通力と呼んでいたようです。国家神道路線を推進するうえで邪魔になった、皇室神道の指南役の家、白川伯王家を、明治時代に強引にお家断絶に追い込んで、宮中から駆逐する事件が起こっています。皇室と当家を取り次ぐ役目を担う家でもあったので、接点が失われました。現在の天皇が私が住んでいる宮を公式参拝して、天照大神・和魂から託宣を授かることは不可能になりました。また、皇室武術を伝承するうちの一族の道場の者から、気を用いた技を皇室関係者が習う機会も失われたので、皇室はますます弱体化したように見えます。現在の天皇は、皇位を継承するうえで不可欠とされてきた、白川伯王家が伝承する天照大神と心身一体になる修行すら積んでいないようなので、憲法上の象徴天皇ではあっても、残念ながら天照大神の精神を受け継ぐ神道上の正式な天皇と言えるかどうか、微妙な立ち位置ではないかと思います。

pnpnqueenさん

2012/10/1121:37:15

一点だけ。

神様が太古にいたか、いなかったかは不可知である。不可知によって、いないとするのは誤りです。それは「証明出来ないからいない」という道理に基づいて万物を説明する思考方法であり、観念論に過ぎません。即ち科学的態度ではありません。

不可知である。結論はそこに落ち着きます。人文系科学をなめてはいけません。

oobakatyonさん

2012/10/1112:40:14

天皇陛下は偉大なるお力を蓄えている最中です。国家存亡の危機では神風を使います。
まだその時期ではないのでしょう。

pac18aさん

2012/10/1112:38:04

天皇の先祖は、神では無いからです。神とは宗教的に人間が生み出した想像上の産物です。人間の先祖が神ですなどという考えは、神を冒涜しているだけです。..

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。