ここから本文です

交通死亡事故(即死) 高齢者 保険金の相場について 加害者100 被害者0 の...

yel********さん

2012/10/2201:07:20

交通死亡事故(即死) 高齢者 保険金の相場について

加害者100 被害者0 の過失割合です。

実父が横断歩道を渡っているときに、前方不注意により
10Mほどはねとばされました。 即死でした。

相手も70代で忌中のときに謝罪に来させたのですが、ベラベラと喋り
母親に「自分が言うのもなんですが、元気出してください」と訳のわからないことを言うクズでした。
加害者を見たときに、「あ~なんて父親は運が悪かったのだろう」と悔しくて悔しくて
復讐したい気持ちが当時はありましたが、しばらくしてクズにかかわる時間が惜しいと家族で話しました。

遺族調書で「厳罰希望」を記入してもらいましたが
起訴され地方裁判所での裁判の判決に影響するのですか?

結局、日本の法律は「死に損」なんです。

刑が確定するまで、また執行猶予刑になったクズが
今までどおりにのほほんと暮らしているのかと思うだけで
腸煮えくり返ります。

多分、支払いはしないと諦めていますが、
加害者にも一応は慰謝料を請求するつもりです。

そこで、老人のため保険金が1000万円くらいですか?
追加請求として慰謝料名目で遺族3人分いくら請求できるのでしょうか?

家庭をめちゃくちゃにされ、黙っておれません。

同じような体験をされた方や大体の相場など
教えていただけますか?

近々、加害者の保険やさんが金額の提示に来る予定です。

素人ではまるめこまれます。

プロは「うん、うん、そうですね~」と同調しながらも
腹黒く少ない金額で済まそうとしてくるはずです。

大事な身内を失った悲しみを金額で癒されることはないですが
出来る限り無念を晴らしたいです。

どうかお知恵を拝借させてください。

よろしくお願いします。

補足金額の件、大体わかりました。
裁判する気もありません。

なんでも相場がありますし、自分も運転しますので
「明日はわが身」といつも思っています。

そんなに加害者を責めることをしても
結局、「因果応報」で自身に跳ね返ります。

亡き父は温厚な人物で争い事が嫌いでした。

保険やさんが来るのが事故死した半年後の月命日であるのも
偶然かもしれません。

故意ではなくても交通事故の罪はなぜこんなに軽いのでしょうか?

閲覧数:
18,074
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

te_********さん

2012/10/2208:30:06

>「多分支払いはしないだろう」


そんなことは無いでしょう。保険屋が来るってことは賠償に備えていたということです。


>腹黒く少ない金額で…


いいや、事務的に淡々と決まった計算の基に算出した額を提示するのみです。


自賠責保険で賄える3千万以内なら、自賠責保険で決められている通りに払われますし、自賠責保険を超えるなら保険会社基準で提示してきます。


保険会社基準は裁判(弁護士)基準より少ないものの、別段腹黒いわけではありません。考え方次第ですが、裁判等で長期間争うことなく支払われるという長所があります。


支払いがずっと先でも良いのなら、弁護士依頼し裁判基準での請求をすれば良いだけのことです。


貴方は運転はしないのでしょうか?家族を無くした気持ちはわからないではないが、明日は我が身で加害者になることもあります。自分だけはならないと思うなら過信です。事故はあくまでも事故。故意による殺人ではありません。


※訳のわからないことを言う…何を言っていいかわからないのですよ。被害者感情著しい遺族も「加害者の顔も見たくない」と言っていながら、裁判ともなると「謝りにもこない」と支離滅裂なことを言うものです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

しゅうさん

2012/10/2211:58:58

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

金額で無念を晴らしたい・・・
わかってらっしゃるようですが、相手が直接支払うわけでもないし、任意保険会社が支払うわけでもなく今回は自賠責保険3000万内で終わる事案です。

悪い言い方をしたら自己満足だけということにもなります。それで遺族の無念が少しでも晴れるというのであればそれはそれでいいのですけどね。

「死に損」も「死に得」もありません。司法によって罰せられるだけです。

死亡保険金は、本人の慰謝料、遺族の慰謝料、本人の収入、年齢などで計算されます。任意保険会社の担当が交渉にくるでしょうが、今回は自賠責保険内なので基準に従って計算してくるだけですね。追加請求なんてないですよ。

訴訟によりそれぞれ個別に判決を下すとしたらアップするかもしれません。それでも70代で自賠責3000万を超えるケースはまずないと思います。

さっさと基準で支払いを受けて終わるのか、遺族としてできることのひとつとして時間はかかるが最終的な判断を訴訟で決めるのかを決めてくださいね。


で、先の回答者さんのいうように、運転していればいつでも加害者になる可能性はあります。これはどんなに注意していてもそうなる可能性はあります。交通事故は被害者加害者共に苦しむものですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる