ここから本文です

レヴィ・ストロースはトーテミズムのどういう点を批判の対象にしたのですか?

viv********さん

2012/10/2407:42:28

レヴィ・ストロースはトーテミズムのどういう点を批判の対象にしたのですか?

閲覧数:
2,771
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sei********さん

編集あり2012/10/2820:25:14

レヴィ=ストロースのトーテミズム批判は、主に集団とトーテムとの間の関係性ばかりを「換喩」的にとらえようとする人類学者(ex.機能主義のマリノフスキー)に向けられました。

結論を言えば、トーテミズムは人類学者のつくりあげた幻想だ、ということです。


トーテミズムを信じる人類学者は、未開の地にもぐりこんだ時に、そこに現れるあらゆる現象をトーテミズムという自分の枠組みに押し込んで解釈しがちです。

レヴィ=ストロース研究家の立命館大学・渡辺公三先生が巧い喩えをされていたので借用させていただきます…


トーテミズムを信じる人類学者が「ニッポン」という未開の地にフィールドワークに入ったと思ってください。その地域では奇妙な卵形の建物に群衆が集まって「ヤキュウ」と呼ばれるある種の祭礼を行うようです。祭礼では「虎」をトーテムとする集団と「巨人」をトーテムとする集団が交互に、つまり互酬性の規則に従って儀礼を行うらしい。ちなみに「ニッポン」では同時に他のトーテム集団が対となって各地で同様の儀礼を行っていることが判明しました。それらは「鯉」「星」「燕」「竜」というトーテム集団である。またこの人類学者は「ニッポン」では、個々人は生まれた年によってネズミ、牛、虎など12種の動物をトーテムとすることも判明した。この人類学者は、それぞれの集団にとってそのトーテムがどのような機能を果たしているのかを歴史的にたどることで調査することとした。


どうですか?

我が国のなんでもない文化も、それを知らない(そしてトーテミズムを信じる)人類学者からみたらこんなに都合よく解釈されてしまうのです。

でも、当たり前だけど、「巨人」をチームのシンボルとしているからといってジャイアンツの選手たちが「巨人」となにか関わりがあるわけではないし、タイガースの選手が虎のように鋭い牙をもっているわけでもありません。」

集団Aとそのトーテムとされる種a(動物なり植物なり)との間に何らかの必然的な関わりがあると考える思考体系は「換喩的」と言えます。

でも実際にはこの種a、種bというのはその集団を表すシンボルにすぎないのであって、その象徴的な存在を通じて他の集団との差異化が図られればそれでいいのです。(野球の6球団が「鯉」「金魚」「鯵」「鯖」「カレイ」「ヒラメ」とかだとなんだかキャラがかぶりすぎてて差異化が図られず微妙ですね)。

だから。レヴィ=ストロースの主張は、大事なのは集団Aと種a(「ヤキュウ」の例でいえば阪神の選手と虎の関係)なのではなく、「集団Aと集団Bとの関係」が「種aと種bとの関係」で象徴的に表現されることなのだ、ということです。関係と関係の間の関係を見る…換喩ではなく隠喩的な見方は、レヴィ=ストロース的構造主義の鉄則です。こういう関係論で社会を分析する手法が構造主義の「構造」なのです。「虎」「巨人」といった架空のものを含む種による命名は、虎と巨人が異なるように、2つのチームが異なることを表示するのだ、と。

トーテミズムばかりを信じていると、とりわけ自分たちにはなじみのない文化に対しては深読みしすぎて、自分たちの都合のいいように解釈しがちです。



「トーテム制度が援用するのは、社会集団と自然種[動植物の種]の間の相同性ではなくて、一方で社会集団のレベルに現われる差異と、他方で自然種のレベルに現われる差異との間にある相同性なのである。それゆえこれらの制度は、一方は自然の中に、他方は文化の中に位置する二つの差異体系の間の相同性という公準の上にのっている。」

自然 ; 種a ≠ 種b ≠ 種c ≠ ……… 種n
| | |
文化 ; 集団A≠集団B≠集団C ≠………集団n」



よく援用される『野生の思考』で示される図式です。「種 a≠ 種b」と「集団A ≠ 集団B」とが、「種b ≠ 種c」と「集団B ≠ 集団C」とがそれぞれ対応し、相同関係にあります。


おわかりいただけましたでしょうか。宜しければ渡辺公三先生の『レヴィ=ストロース』等も読んでいただければさらに理解が深まるかと思います。

質問した人からのコメント

2012/10/28 21:44:53

成功 ご丁寧にありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

xxx********さん

2012/10/2517:20:07

それまでのトーテミズムは西欧の学者たちの捏造だということ。レヴィストロースは表層的な類推によって異文化を理解しようとしてるからそうなるのだと批判し、そのかわりに背景に存在する構造を示して理解が困難だったトーテムの意味を鮮やかに説明してみせた。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる