ここから本文です

ドラフト前に質問です。戦力の均衡化のためになどと発言する人が多いですが、結局...

cra********さん

2012/10/2412:03:14

ドラフト前に質問です。戦力の均衡化のためになどと発言する人が多いですが、結局、球団の体質や優勝を目指す覚悟(補強費や育成に多額のコストをかける)がなければ、ドラフトは温泉掘削とたいして違わないのでは?

とりあえず掘ってみて駄目だったら捨てるでは・・・・・菅野であっても1軍で活躍出来る保障はありません。
それにロッテの中継ぎエース・益田直也投手のようにマスコミには注目をさほどされなくてもドラフト1位を超えるコストパフォーマンスに優れた大当たりの選手がいるのですから。
ドラフトは育成中心で松坂、福留、松井、西岡、国内FA選手などあるていど活躍が予想される選手に金をかけるというのも手法としては有りでしょうね。
博打に近いドラフトで特定選手を批判したりするのは無駄な行為だと思いませんか?それにウエーバー制を取り入れているメジャーでさえ戦力の均衡化は実現していないのですから過度に騒ぎすぎ、個人攻撃は無駄だと思うんですが・・・

補足つまり、巨人以外の他球団が補強費を積み増して国内FA、外国人補強、金銭トレード、育成枠の拡大で戦力を補強すればいいってわけね。

閲覧数:
435
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ale********さん

2012/10/2417:58:57

個人に対する批判が行き過ぎてる感はありますね。
しかし現状のドラフト制度に改善の余地があるのは間違いないでしょう。

その一つとして提案されているのが完全ウェーバー制ですが、おっしゃる通りそれを採用しているMLBでは完全に戦力均衡化を実現しているわけではありません。
MLBでも資金力があるチームが有利ですが、やり方次第でそれはなんとでもなることをレイズや今年のオリオールズ、アスレチックスといったチームが証明していますよね。
これらのチームやトレードやドラフトを活用しつづけて資金力のあるチームと渡り合っています。
完全ウェーバー制にしたら戦力均衡化する、というわけではなく戦力均衡化するための一つの手段として完全ウェーバー制が必要だということです。

またMLBでは指名して拒否された場合は翌年に同じ順位の指名権を一つ得ることができます。
日本にこうした制度があればリスクを最小限に抑えて他のチームも菅野を指名できたでしょうし、それが続けば菅野もどこかで折れたでしょう。
MLBが戦力均衡化のためにしているのは何も完全ウェーバー制だけではありません。
新労使協定ではドラフト選手とドラフト外選手についてそれぞれ契約金の上限が設定され、資金力の差をできるだけ埋めるようにしています。

しかしNPBが現行の制度に欠陥があると分かりながらも改善させようという姿勢は見られません。
故に菅野の件などで真に批判されるべきは、菅野のやり方を推奨してしまうかのような現行のドラフト制度であり、それを改善しないNPBだろうと私は思います。
菅野のやり方はNPBのバランスを崩すものですし、個人的には応援する気にはなれませんが、ルールの範囲内のことですから彼自身を責める気にもなりません。

質問した人からのコメント

2012/10/30 21:46:55

大谷の偽装メジャー挑戦疑惑が出て来ていますね。
戦力の均衡化なんて護送船団方式の談合にしか過ぎません。球団の複数企業による保有を認め、熱意のない企業には退場してもらえば良いのです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sha********さん

編集あり2012/10/2518:41:50

ありゃ?文字化けしちゃったよ


当然、獲得すると戦力と同時に人気面で球団に利益が生まれる。
球団の顔になれる選手ってのは貴重なもんなんだよ。
それを巨人が良いと言って、巨人にしか行かなかったら、
人気選手が巨人に集まってしまうことになる。
日ハムの斉藤なんて、実力以上に人気を買われて争奪戦になってたんだから。

ついでにメジャーのことだけど、
ウェーバー制は良い制度だと思うが、
メジャーでは主力選手がすぐに金でトレードされてしまう。
日本なんか比じゃないよ。
毎年毎年シーズン中に戦力が変わってしまうんだ。
有力プロスペクトも同様で即戦力の有名選手の人的保証になっちゃうから、
ウェーバー制の意味がないんだよね。
その代わり、球団がこれは!と思った選手は必ず育ててるけどね。

つまり、ウェーバー制が悪いんじゃなくて、
戦力が拮抗しないのは金とトレードのせいだよ。
メジャーは金がないとなかなか強くなれないんだよ。


-------------
何言ってるんだ。
しっかり読んでくれよ。


そんなことしたら金持ち球団が強くなるだけでしょうが。


阪神は金を積んで失敗してるけど(スタッフが悪い)、
広島は積む金すらないんだよ。
知ってる?広島は親会社がないんだよ?
てことは、金がすべてになってしまえば、
結局金持ってるとこが強くなっちゃう。

じゃあ金持ってない球団はどうするか。
外国から当たりの外人を取ってくるか、
有力選手をドラフトで取るかしかないでしょう。
ドラフトは建前上、公平にしてありますからね。
で、弱い球団にも有力選手が行くように逆指名制度などを廃止したわけです。

ところが、
ここ最近は長野、澤村、菅野とジャイアンツ志望の選手が他球団への入団を拒否してる。
拒否するのは勝手だが、ジャイアンツには入ると言う。
すると、どうですか?
もうドラフトは公平とは言えませんね。

したがって、その公平性を無視して自分の志望を押し通している人たちに批判が集まり、
球団もバッシングされるわけです。
金で他球団から有力選手を獲得している上に、
ドラフトで一本釣りしてやがる、と。

現に、セリーグはひどい結果だったでしょう。
ペナントレースは2強2中2弱で、強の2チームで10.5ゲーム差です。

従って、志望届けを出した以上は、意中の球団があろうとも、
指名された球団に入団してもらわないと、
ドラフトの意味がないんです。

ま、そういう最強軍団を妥当するのがぼくの楽しみなんで、
ジャイアンツには強くあってほしいですけどね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる