ここから本文です

ツムラ16番の半夏厚朴湯について。 最近かなりつらい咳に悩まされていて、この漢...

ang********さん

2012/10/2719:21:28

ツムラ16番の半夏厚朴湯について。
最近かなりつらい咳に悩まされていて、この漢方薬を処方され飲んでいました。
それと全く同じものを、うつ病を治療中の友達も処方されていることに気づきま

した。

私はてっきり風邪薬のようなものと考えて使っていたのですが、精神的な症状にも使えるみたいで全く別の用途があったのを知って驚きました。
また、半夏厚朴湯については咳や吐き気に効く、以外説明を受けていませんでした。

作用が複数あるのは漢方ではよくあることなのでしょうか?

閲覧数:
13,584
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mowsukeさん

2012/10/2722:38:37

半夏厚朴湯は中医学的には、精神的な原因により肝気が鬱結し、それによって津液の流れも悪くなり痰が発生、気と痰が結びついた痰気互結が胸に停滞した症状(梅核気という)を改善する処方です。
肝気鬱結が長引くと鬱症状が出ますし、痰が原因で咳も出ますので、そのような状態が原因と思われる症状では半夏厚朴湯はどちらにも効くと考えられます。(中医学的な用語は、興味があればお調べください)

西洋医学的な病名が違っても(この場合、鬱症と咳)、漢方的な証が同じならば(この場合、気滞痰結)、同じ方剤で治療が可能ですし(異病同治という)、逆に同じ症状でも証が違えば違う方剤を使う(同病異治という)のが漢方治療と言えます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる