ここから本文です

農業用エンジンについて

ech********さん

2012/10/3117:27:20

農業用エンジンについて

昭和30~40年代ぐらいの型式が読み取れない耕耘機のクボタ空冷ディーゼルエンジンですが、

クランクシャフトに始動用レバーを差込み、手でレバーを回しながらエンジンを始動させるタイプです

使用していた人は2回ほど使用して、あとは体調を崩されてずっと倉庫に保管されていていたもので、確かに見てくれも古く錆錆になっていてはいますが座席や耕運の爪をみてもほとんど使用された形跡がなく壊れているとは到底思えません、

そこでエンジンが掛かるようにしてとりあえず倉庫から出し処分しようと考えています、

そこでディーゼルエンジンオイルの交換、タンク・フィルターに入っていた古い軽油を抜き取り新しい軽油を入れ、燃料をシリンダーの中に送り込んできるパイプも外しエアーブロー・シリンダー内に潤滑油を吹き掛け、燃料のエアー抜きをし始動レバーをクランクシャフトに差し、レバーを何回も回すのですが一向にエンジンが掛かる気配すらありません、

そもそもレバーを回しても軽すぎるというか、何の抵抗もなくレバーが回転する状態です、始動用レバーを使う事も初めてで、こんな何の抵抗もなく回るものだろうか、せめてリコイル式ぐらいの紐を引っ張るぐらいの抵抗があっても良いのではなかろうかと疑問に思っています、

もちろん電子装置やバッテリーなど一切ついてなくディーゼルエンジン特有の余熱とか出来そうな装置すらついていなさそうです、

もちろん40年近く放置による燃料の詰まり・機械の固着などは当然あるとおもいますが、エンジンを分解して調べる前に出来る点検や始動のさせ方など何でも良いので、本来の始動用レバーの抵抗具合やここは調べたかなど指導して下さい、

取りあえずエンジンが掛かっても再使用するつもりはなく、車が入れない倉庫の奥から10mほどの屋外に出したいだけです、エンジンが掛からなければワイヤーなどで引っ張り出す事は出来るとは思いますので、エンジンが壊れようが一向に構いませんのでご指導お願いします、

閲覧数:
1,151
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

niy********さん

2012/10/3117:58:08

デコンプが開いてるのでは?

ディーゼルやガソリンでも手回し始動で排気量があるエンジンは、デコンプで圧縮を開放状態で手回しでクランキングするようになってますよ。フライホイールの惰性でぐるぐる回割ってる状態で、デコンプを戻して圧縮が掛かるようにすればぶるんとエンジンが始動します。

http://www.youtube.com/watch?v=ToFqw8e4WJM
この動画で左手で作業しているのがデコンプレバーです。

質問した人からのコメント

2012/10/31 21:19:16

皆様教えていただきありがとうございます、デコンプというもの確認して解らなければ再度質問いたします、直線で引き出せるならワイヤーで引っ張りたいのですが、倉庫内に増築部分があり、シケイン通路の先に機械が置いてあるので何とかしてエンジンが掛かれば作業が楽そうです、

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2012/10/3120:01:35

コンプレッションがないのはヴァルヴが固着しているからです。
デコンプは強力なバネで常に戻されていますので固着はありません。
ロッカーカバー(ヘッドのカバー)を外してヴァルヴステムに廃油などをふりかけて、
むりやりヴァルブを動かしてやれば動くようになるはずです。
始動するにはそうしてからポンプのエアー抜きもしなければなりません。
始動するのが目的でないのなら、
強引にワイヤーなどで引き出すのが良いんではないんですか。

rtn********さん

2012/10/3119:26:05

クボタ、ヤンマーならエンジンの後ろ側にデコンプ(圧縮抜き)レバーがあるはずです
それが、圧縮抜き側になっている? レバーはバネで圧縮側になるなっているはずですが
それが固着かなにかで抵抗のない圧縮抜き側になっているのではないですか?
画像を貼って新たに質問してください。

sug********さん

2012/10/3118:56:21

その手のエンジンはデコンプ(バルブリフター)の操作なしにはハンドルが重くてかろうじてしか回せないくらいの圧縮があるのが普通です。
デコンプは手動で排気バルブを開きっぱなしにする装置で、大抵はシリンダヘッドに操作レバーが付いています。レバーはバネ仕掛けでレバーから手を放すと解除されるようになっています。
デコンプレバーの動きが渋くて元に戻らないことはまずないと思いますが、デコンプが動作しっぱなしになるとハンドルには圧縮の手ごたえが全く無くなります。
吸気口や排気口に手を当てながらクランキングすれば原因が判るかもしれません。

始動方法はスロットルを半分程度開き、デコンプレバーを引きながらクランクを回し、勢いが付いたら(2回転/秒くらい)レバーを放すという手順になります。始動したらスロットルを操作して目的の回転数に調整します。

今回の件とは関係ありませんがスロットルレバーとは別にエンジンカットのレバーかノブ(エンジン停止のためのレバー/ノブで回転が止まるまで引き続ける。レバーから手を放すと解除されるタイプが多い)が付いているタイプのものは、レバーの動きが渋くて定位置に戻らないことがまれにありますので確認してください。

http://www.youtube.com/watch?v=c2ya1x_Agbg&feature=related

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる