クモ膜下出血で脳血管攣縮(スパズム期)で頭痛が増強するメカニズムを教えてください

クモ膜下出血で脳血管攣縮(スパズム期)で頭痛が増強するメカニズムを教えてください

病気、症状11,777閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

くも膜下出血で脳血管れん縮(スパズム)が生じる機序は、以下のように考えられ ています。 くも膜で出血したヘモグロビンが分解・変質したものが、周囲の血管が分泌する 一酸化窒素(NO)を分解するとされます。 動脈は常に血管を拡張させる物質(NOなど)と収縮させる物質を分泌していますが、 NOが分解されると、血管収縮物質が優位になり、スパズムを誘発しやしくなります。 脳血管れん縮の重症度とくも膜下腔の血管周囲の血腫量との間には相関があると 考えられています。 http://www.jseptic.com/journal/23.pdf#search='%E3%81%8F%E3%82%82%E8%86%9C%E4%B8%8B%E5%87%BA%E8%A1%80+%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%BA%E3%83%A0+%E6%A9%9F%E5%BA%8F' 脳血管のスパズムが生じると、血流が不良になりますので、発痛物質が蓄積して、 頭痛が増強すると考えられます。 痛みに関するサイトをご覧ください。 http://hobab.fc2web.com/sub4-pain.htm

1人がナイス!しています