立てこもりの事件でふと思ったのですが、犯人・人質ともにトイレはどうしているのでしょうか?

事件、事故5,854閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(1件)

0

ふつうの立てこもり事件の場合は知りませんが、 戦後最悪の三菱銀行立てこもり事件では、犯人は人質たちにトイレの使用を禁止し、カウンターの陰で済ますように命じていたそうです。 犯人は自分が小便をするときは、床に紙を敷かせ、その上に放尿したそうです。大のほうは、ゴミ箱の中にしたそうです。 ただ、この犯人は尋常じゃなかったので、ふつうの立てこもり犯がトイレの使用を禁止するのかはわかりません。 何しろ、建物の壁の向こうで起こっていることなので、中の様子までは… 解放された人質の証言に頼るしかありませんね。 長久手の事件では、人質の女性がトイレに行ったすきに脱出に成功しました。 あさま山荘事件では、犯人が複数いたので、人質・犯人ともトイレに立っていたようです。 警察の中では排尿音から犯人と人質を識別しようという案もあったとか…(映画「突入せよ!あさま山荘」でもありました。)