ここから本文です

こちら四国徳島ですが柿の木の枝に白いカイガラムシがびっしり付いてひどいので石...

mas********さん

2012/11/2811:06:58

こちら四国徳島ですが柿の木の枝に白いカイガラムシがびっしり付いてひどいので石灰硫黄合剤50倍液を散布する予定ですがいつ頃に散布するのが1番効果が有りますか。そして白いロウは落ちるのでしょうか。

閲覧数:
898
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2012/11/2811:32:35

白いカイガラムシとの表現が、「ツノロウカイガラムシ」とすれば、石灰硫黄合剤では効果が薄いのが定説です。
それ故に、柑橘類ではツノロウムシの場合は7月ごろにスプラサイドなどの殺虫剤を用いて、カイガラムシが蠟物体を被らない内に殺虫します。
要するに、薬剤効果の高い孵化した幼虫が蠟物質を被らない内に殺虫します。
若し合剤を使用されるとすれば、強いアルカリ性ですので、衣類や使用器具の洗浄、皮膚部分の露出を防ぎ、目や呼吸に支障が無いような装備で臨んで下さい。
撒布時期は、御地であれば晴天が続く2月が良いでしょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ara********さん

2012/11/2812:54:24

柿の木が小さいのならハブラシで
落とせます。

ロウで薬は効きにくいです。
人間にも被害が出ます。

dam********さん

2012/11/2812:49:44

石灰硫黄合剤は「カイガラムシ」の殺虫には無効です。
柿の場合は黒星病、うどん粉病にだけは有効ですが。
http://www.agritechno.jp/products/contents/21102.html

カイガラムシにはマシン油乳剤16~20倍を落葉期に散布します。
当方、12月に入ってから散布予定です。
http://www.kumiai-chem.co.jp/products/document/machin_oil_95.html

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる