ここから本文です

アップライトピアノの設置に床下補強は必要?積水ハウスの築20年。

aik********さん

2012/11/2913:32:13

アップライトピアノの設置に床下補強は必要?積水ハウスの築20年。

アップライトピアノ220kgを1Fのリビングにおきたいのですが、
人によって必要と言われたり、大丈夫と言われたりし迷ってます・・・
もちろん、するにこしたことはないのでしょうが、費用もかかるので。
メーカーからは2Fに置くならalcが入ってるので必要ないと言われました。
1Fだと床が軋んだり、たわんだりすることがあると。
みなさん、どうされてますか?実施にフローリングがだめになった方などいらっしゃいますか?

閲覧数:
3,159
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nya********さん

編集あり2012/11/3005:06:43

住宅としての床積載荷重は、基準法でも、180K/㎡が最低必要ですので、アップライトピアノを置く場合、床下までの補強は(現状で特にフローリングが損傷、ふわふわ感等がある場合には、必要ですが、)、とりたてての必要はないかと思いますが。

私の知人宅でも、フローリング床にもう一枚15mm程の化粧板を敷いて(ピアノのサイズで。)その上にピアノを置いていますが、特別、今まで、問題は無いですね。

法的に180k/㎡ですので、当然、それ以上はあるかと思いますので、充分敷板補強でよろしいかと思いますが。
(グランドピアノの場合は別ですが。)

*地震時の対策もある程度検討された方がよろしいかと思いますが。

参考にしてください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kut********さん

編集あり2012/11/3013:39:58

constantinusさんの意見に賛成です
下地の根太が木製でしたら補強はした方が良いです
アップライトピアノの場合、壁際から置くとピアノの手前が丁度、
土台と大引きの中間あたりに成りますので床が下がりやすい所になります
これはピアノの下に敷き板を敷いても同じです(フローリングの保護にはなりますが)
根太を増やすとかピアノの下だけ大引を増やすとかした方が安心出来ますよ
業者さんに頼んでも床下に入れれば数時間の作業です

フローリングが、だめになる事はないと思います。床自体が若干下がる程度です

追記です
ピアノ置き場の床補強はフローリングの保護の為ではありません
床自体が荷重の為に垂れる、下がると言った不具合を防ぐ為です
従って、フローリングの上に床板を何枚重ねても同じです
逆に目片が増える分逆効果ですので注意して下さい

con********さん

2012/11/2917:05:01

20年前の積水ハウスであれば根太(床下を這っている構造材)はメタルスタッド(金属製)だった気がしますが どうでしょうか?

床下収納から床下を覗けば見えると思います。メタルならそのままでも大丈夫な気はします。

木製の根太なら 築20年たつと根太の痩せが出てくる為 少し不安があります。
特に床が抜けるような事はありませんが ゆがみ へこみ が出るかもしれません。

大引き、束、基礎の位置 と ピアノの置く位置 との関係にもよると思うので一概には見て見ないと分かりません。(ごめんなさい)

補強と言ってもそんなに大がかりの工事ではありませんので 安心料として工事されるのも一つとは思います。

私なら、メタルスタッドの根太ならば工事しません。木製の根太ならば少し補強します。

個人的意見ですが参考まで。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる