数年前に九州から関東に引っ越して来た者です。 こちらに来て気になったんですが、関東のお墓って、墓石の後ろに長い木のお札みたいなのが並んでいますよね。

葬儀2,177閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんありがとうございます!卒塔婆という名前、書いてある内容と用途、一気に知れて嬉しいです。そして単純に宗派による違いではないというのが一番驚きました。卒塔婆で調べてみたら浄土真宗では使わないという内容は沢山出てきましたが、九州には浄土真宗以外もあるはずなのに何故か自分は見たことがないのです。やはり地域的に傾向がある様に思います。それを教えて下さったpureco67さんをBAに選ばせて頂きました!

お礼日時:2012/12/3 9:50

その他の回答(3件)

1

九州地方は、浄土真宗が多いからでは? 浄土真宗は お塔婆がありません。 また、地方により、お塔婆を施主のみ上げるとか、親戚も上げるとかにより違います。 お塔婆は、供養を形に表すものです。

1人がナイス!しています

0

「卒塔婆(そとば)」や「塔婆(とうば)」と言い、仏塔の一種です。 お盆・お彼岸・年忌法要時に、上げられます。 字は、凡字ー先祖代々霊位とか戒名に○○忌法要ー塔婆を出してくれた人の名が、この供養塔に書かれています。 お塔婆1本2000円~6000円で、お寺さん毎に値段の幅があります。 ちなみに2000円とはウチのお寺さんで、6000円は東京の伯母のお寺さんです。 ウチの年忌法要の時、親戚筋も上げてくださるので、10本位上げさせて頂いています。 お塔婆、無いお寺さんも有ります。 こちら横浜50代主婦

0

塔婆と呼ばれるものですね。 宗教宗派のちがいです。多分、あなたは自分の実家周辺の墓地の訪問を したことがあるが、他県の墓地に参拝することがなかったため、知らなかった と思います。