ここから本文です

ブローバイガスとは何ですか? いろいろ詳しく教えてください。

スズキングさん

2006/10/3018:39:56

ブローバイガスとは何ですか?

いろいろ詳しく教えてください。

閲覧数:
96,860
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

man********さん

2006/10/3019:12:14

燃焼室からピストンリングの隙間を抜けてクランクケース側に吹き抜けた混合気がクランクケース内のオイルと混ざったガスのことです。
暖機不十分でアクセル全開なんかにしていると大量に発生します。

ガソリンがオイルに混ざるわけですから、オイルの劣化を促進します。
大気中に放たれると公害にもなりますので、市販車ではエアクリーナーボックスに戻し、再び混合気と同時に燃やすようになっています。

エアクリボックスを撤去した場合は「オイルキャッチタンク」を設置して、これを回収しなくてはいけません。
よく、フィラーキャップからテールカウルまで長いホースを引いているバイクを見ますが、途中に「谷」ができてはダメです。(私の知る限り99%はこの状態)
エンジン停止後、ホース内部に残ったブローバイガスが、エンジン側かキャッチタンク側(大気解放としてもそちら側)に落ちるようにしないとガスが溜まり液体となって通路を塞ぎます。

行き場のなくなったブローバイガスは、クランクケースの圧力を高め、ポンピングロスを増大させたり、最悪はガスケットを吹き抜けることにもなるかもしれません。

質問した人からのコメント

2006/10/30 23:42:03

降参 まさに原付のエアクリを交換しようとしていたのでとても参考になりました。
純正が一番かな?

「ブローバイガスとは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bik********さん

2006/10/3021:38:25

-----------------(以下自動車用語辞典よりコピー)----------------------

ブローバイガスとは、エンジンの圧縮・燃焼行程で燃焼室からクランクケース内に漏れ出たガスのこと。通称ブローバイ。

エンジンオイルを劣化させるほか、このガスのためにクランクケース内の気圧が上がってしまい、高回転でピストンの動きを阻害したりオイルの循環不良などのトラブルを招いたりしてしまう。

そのためブローバイガスはクランク室から抜き取られるようになっているが、このガスは大気汚染の原因にもなるため、大気開放せず還元装置によって吸気系に戻して再燃焼させるようになっている。

jin********さん

2006/10/3019:05:32

エンジンの燃焼ガスは圧力が非常に高い為にピストンリングとシリンダーの隙間からクランクケース側に漏れてきます。
その吹き抜けてきた気体の事をブローバイガスと呼びます。
よく、ブローバイガスを未燃焼ガスの事と言う人もいますが
燃焼した時の高圧で漏れてくるガスですので未燃焼というのは完全には当てはまらないと思います。
エンジンを密閉しているとその吹き抜けて来たガスがクランクケース内に充満してしまい
クランクケース内の圧力が上昇してしまいにっちもさっちも行かない状態になってしまう為、
クランクケースやシリンダーヘッドカバーからホースを使って吸気側に戻してあげています。
昔は大気開放だったのですが大気汚染(排気ガス対策)の見地から吸気側に戻すようになりました。

と、書きながら検索してみたらわかりやすく書いてあるサイトがありましたのでリンクしておきます。
http://www.geocities.jp/ja22ws/brob/

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる