運転士と車掌はどちらが偉い? 「偉い」と書くと語弊もありますので、その列車の責任者として仕切るのは運転士、車掌のどちらですか?

補足

遅れたら責任を取らされるんですね。プレッシャーがかかる仕事ですね。 混んでる駅なんかでは、何度もドアを開けたり閉めたりして、客を急かしてドアを閉めてますが、遅れないように必死なんですかね?

鉄道ファン14,995閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

7

7人がナイス!しています

その他の回答(5件)

3

列車の責任者が誰かは定めていないことが多いと思います。 空や海の世界では乗り物の大小に関わらず(乗員が1人でも) 必ず機長・船長がいるのとは、違っていますね。 現在は多くの事業者で駅員→車掌→運転士というコースになっていますが、 旧国鉄では、運転士と車掌は別系統になっていました。 入社後運転系統に配属になって、車両の修繕係→運転士というコースと 入社後営業系統に配属になって、駅員→車掌というコースに分かれていました。 異常時の取り扱いでも、運転士・車掌間で「打ち合わせ」や「依頼」をして それぞれの役割を果たしていくというような仕事の仕方になります。

3人がナイス!しています

2

車掌は列車長ですが、給料や車内身分は運転士の方が上のケースが多い。 どちらが偉いではなく分業で、何かあれば協力して対処します。 早いと怒られますが、遅い分には責任はありません。 『混んでたから遅れた』と報告するだけです。

2人がナイス!しています

1

どっちが偉いというのはありません。そもそも仕事が全く違います。 車掌が運転士に指示することはありませんし逆もありません。輸送指令から運転士に指示する場合、車掌経由で連絡してもらう事もありますが。 しかし大きい事故が起きた場合真っ先に疑われるのは運転士ですので責任の重さで言ったら運転士の方が重いです。実際電車の事故で恐いのは走行中であり停車中でドアの開け閉めで遅れるというのは事故の危険度が全く違うわけです。

1人がナイス!しています

0

会社によって違う・・・ と聞いたこともありますが・・・ JR東日本では車掌のようです。 以前に緊急停車をした際、運転再開まで (なぜか)車内放送の回線を使って業務連絡をしていましたが その際 「運転士より列車長 ○○の指示お願いします」 や 「列車長より運転士 運転再開○○分です」 というようなやりとりが聞こえました。 推測するに、列車長=車掌で 運転士は車掌からの指示によって列車を動かす というような感じでしたね。 考えれば 接客や各種連絡などは車掌に任せ 運転士は運転することだけに専念してもらった方が 安心ですよね。

0

車掌です。列車の運行管理で電車が遅れたら責任を取らされます。 車掌さんは列車の定時運行に必死ですよ。遅れたらうしろがつっかえてほかの列車に迷惑をかけるわけですから。