ここから本文です

藝大(東京芸術大学)に、予備校を利用せずに現役合格することは難しいのでしょう...

igo********さん

2012/12/1221:20:59

藝大(東京芸術大学)に、予備校を利用せずに現役合格することは難しいのでしょうか?

学科試験はともかくとして、
実技試験を予備校なしで乗り越えるのは
・・・単刀直入に言って、不可能と考えた方が良いでしょうか?

現在高校一年生で、藝大の工芸科が気になっています。

家計の問題で、予備校に通うことは、不可能です。
そのため、予備校ではなく、
絵画教室や美術教室といったところで、
デッサン・立体造形・平面造形をそれぞれ習おうと考えていますが、
やはり甘いでしょうか?

作品作りは、結局家でも出来る事ですが、
やはり上達するには先生が必要です。
先生がいる、という環境では予備校も絵画・美術教室も同じですし、
予備校の先生は美術大学進学のプロで、合格に必要な力を的確に身につけさせてくれることが強みだと思いますが、
絵画・美術教室の先生も美大出身の方々でしょうし、その点においては美術大学進学にあたって味方になってくれるし
何より、
受験が目前に迫っている!という段階でない内は
楽しんで作品作りをしたいと私は考えています。

私の考えは甘いでしょうか?

補足事実、家計の問題で国内の大学は国公立しか私にはないのが現状です。
ですが、私の高校では、この大学を出身した先生や通っている・目指している先輩も多かったことからこの大学に興味を持ち
なによりも、今高校でやっている専攻分野を引き続きより高レベルな勉強することができる事に魅力を感じています。
・・・たしかに、考えてみれば大学は、贅沢ですよねえ・・・。

閲覧数:
3,239
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

crl********さん

編集あり2012/12/1322:53:39

個人のアトリエの先生でも不可能ではないと思いますよ。
ただその先生の技量が問題です。
先生自身が東京藝大出身などで受験情報や対策を豊富に持ち合わせ、現にこれまで何人も藝大合格者を出してきた実績があるのなら何も問題ないんじゃないですか。

でもそういう先生を探すのは大変ですよね。
その点美大予備校なら藝大対応が取れているのでリスクも少ないし手間もかからないってことじゃないですか。

確かに高1あたりなら楽しんで作品作りしていて全然構わないと思いますよ。
でもまあ本気で藝大を目指すとしたら高2あたりからはデッサンくらいはぼちぼち先生について習った方がいいですよね。
もし藝大対応の素晴らしい先生にめぐり会えたとしたらその先生のご指導の下練習すればいいとは思いますが、それでも夏休みなどは美大予備校の講習に通って井の中の蛙状態は抜けておいた方がいいと思います。

本筋からそれますが、家計の問題で私立美大ではなく東京藝大を考えているとしたら、それこそ甘い気がします。
東京藝大はほぼ浪人前提です。
現役時代から浪人時代の予備校や個人レッスンの授業料もさることながら、何年も浪人して結局断念して私立美大に入ったりしたら大変な出費でしょう。
多浪の末に結局芸術方面への進学をあきらめたとしたらその後の人生に相当のダメージです。

東京藝大を目指すことは実は大変に贅沢なことです。
努力だけでどうにかなるわけではないので絶えず自分の実力を客観視して進路をコントロールして行った方がいいですよ。
高2半ばくらいになったら親御さんともよく相談して実力と経済的な面から本当の志望先を絞った方がいいと思います。

**

補足拝見しました。

美術系の高校ということですか?
それなら藝大対応の先生もいらっしゃるでしょうから、その先生にしっかり相談されることが賢明じゃないでしょうか。
ご自分の実力や藝大の現況もよくお分かりになる環境にいらっしゃるはずですから、それを生かさない手はないですよね。

またまた余計なお世話ですが、美術系高校の場合は実技はともかく学科が弱点の受験生が多いので、高1から意識された方が良いですよ。
(まあ東京藝大の実技系だけならあまり関係ない話ですが)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

but********さん

編集あり2012/12/1613:02:42

現役合格することも難しい学校に予備校なしで挑むのは無謀としか言いようがありません。
工芸の入試が最近変わったという話を聞きます。
予備校は情報がたくさんあることと、同じところを目指す敵となるべき面子がそろっているところです。
指導者だけでは頂を目指せません。
敵・仲間がいるからこそ目指せるところです。

補足を読んで、
芸大に入学するには大体浪人費用を合わせるとその他私大に現役で行くのとかわらないくらいかかります。
美術の先生と予備校の先生は教えられることが基本的に違います。
それは講習会などに行ってみればわかります。
自発的な成長か助長的な成長かのさですが、助長的だと行ける範囲が限られてしまいます。
学校にその傾向が多いです。(悪いとはいいませんが)
それに最近入試課題が変わった(おととしくらいかな?)ので対応できる先生は基本的に高校にはいないです。

自分にできる範囲とそれ以上の範囲を見極めるのはもちろん、理想と現実のみきわめをしっかりとするべきです。
それが志望校選びというものです。
理想だけで志望校を決めたら後々後悔しますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる