ここから本文です

確定拠出年金 企業型→個人型の移管について

shu********さん

2012/12/1812:34:44

確定拠出年金 企業型→個人型の移管について

無知ですみません。
先日、会社を退職し、今は無職の状態です。
以前勤めていた会社で企業型の確定拠出年金に入っていましたが、個人型に移す必要があると聞きました。

しかし、どの銀行の確定拠出年金を選べばいいのか分かりません。
私はろうきんに普通預金の口座を作っていて、なじみやすいのでろうきんにする、といった感じでいいのでしょうか?

また、たとえばみずほ銀行の確定拠出年金にしたいと思えば、そこに口座を作る必要があるのでしょうか?

閲覧数:
1,101
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

abc********さん

2012/12/1815:31:52

個人型確定拠出年金の口座は一般の取引口座とは別に開設しますので、今の取引銀行にこだわることなく運用機関は自由に選べばいいです。なじみは関係ないでしょう。
ただし、揃えている商品や手数料額などが運用機関で違いますから、それをよく調べて選ぶのがいいでしょう。銀行だけでなく保険会社や証券会社もあります。
労金は商品が少ないです。定期預金だけなら労金は金利が比較的高いのでいいのですが。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

shi********さん

編集あり2012/12/2201:33:50

主要な銀行グループ系の投資信託銀行・証券会社などで扱っているようです。
(ネット主体のJNBとかを見ましたが、扱ってなかったです。)
それが、その銀行グループ・その証券会社によって、内容が違うみたいです。

銀行系では、運用をするリスクを、減らしやすいためなのか?
→確定拠出年金用の投信商品を、別に設定してあるような感じです。
☆銀行系では、運用を選びやすいのかな?と感じます。
→定期預金もありますが、近年は利息が低いので、その面だけで銀行にする必然性はないと思います。

証券会社では、色んなものを買いやすいかもしれません。
(その会社で、買える商品のラインナップが違うと思います。)
☆海外の銀行の扱うものなどもあり、経済危機に影響されやすいなど。
→通常の投資のような、リスクに対する注意が必要そうです。

『銀行名or証券会社名など 確定拠出年金』 のWEB検索で、扱っている商品の情報が見られると思います。

何処が良さそうかを決めたら、その会社のWEBで、資料送付の申請→記入返送をすれば、どの会社にも、申し込みをできるみたいです。
(少し、書くものは多かった感じですが、丁寧に案内してありました。)

私は、企業在籍時代にみずほ系の扱いだったので、退職後も継続的に使っています。退職&切り替え時に、みずほ銀行に聞いた内容では、こんな回答です。

通常の投資信託~拠出年金用の投資信託では、投信会社・商品のラインナップが違います。
普通預金とは関係はないので、普通預金口座が無くても、使えます。

それを流れで言えば、各銀行の定期預金or投資信託を、個人から直接的に申し込むということだと思います。

普通預金~通常の投資信託
☆個人→銀行口座(普通→定期預金)→その扱う投資信託。
拠出年金
☆個人→(銀行の定期預金)⇔各投信銀行の年金用投資信託。
(投信会社は、感じ的にはその銀行の系列会社っぽいです)
☆個人→(預かり金or投資の余裕金)⇔各証券会社の投資信託。

年金というのは、通常の投資とは違いますし、積極的な投資信託は証券会社・ネット主体の銀行で、別にできる面があると思います。
そんなことで、お勧めとしては、主要な都市銀行グループ(三井住友銀行・みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行)辺りを使うのが、投資商品の選びやすさ~安定性の面から、良いのではないかと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる