ここから本文です

電力会社が分散型燃料電池事業に参入する可能性はありますか?

sad********さん

2012/12/2622:21:05

電力会社が分散型燃料電池事業に参入する可能性はありますか?

アメリカではブルームエナジーやBLue Genなどが燃料電池のオンサイト電源サービスを行っています。
http://www.aist-renkeisensya.jp/innovation-online/pdf/icafe/120116/...


日本では2000年初頭に流行り、電力会社も子会社を設立したりしていたようですが、原油高騰により採算が合わなくなり、撤退したと聞きました。

しかし最近では燃料電池が実用段階に来ており、こちらは効率が良く、また安価で安定的な天然ガスを使用するため、先の2000年初頭に乱立したオンサイト電源サービス会社と異なり、成功する可能性があります。

電力会社は業務用の分散型燃料電池事業に参入する可能性はありますか?

閲覧数:
220
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ito********さん

2012/12/2623:01:05

現在のエネファームの燃料は天然ガスやLPガスです。電力会社は業務用の分散型燃料電池事業に参入するためにはガス管の設置とガスタンクの設置が必要で、ガス会社との競争で負けてしまうでしょ。ガス管の共有などのカス管の自由化の話は全然出ていないので不可能でしょう。

そして問題は電力会社のプライドの問題もあります。電力会社は上は役員から下は社員にいたるまで、俺たちが電気を送ってやっていると言う殿様商売をやっています。

それは一般社員のブログや役員の発言からも分かると思います。一般社員は社員で「東京電力が嫌なら、電気使うな」と発言したり(炎上しましたよね。)、役員は役員で「値上げは我々の権利だ」とのたまう始末で、一体何様かっていいたくなる態度です。

東電の新入社員コミュの女性 「誰のおかげで電気使えてるの?文句あるなら電気使うな!批判者は原発行ってこい」
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1617355.html

もし、エネファームなどが普及すると、電力会社は補助電力供給会社に格下げで威張れなくなってしまい、プライドがゆるさないでしょう。当然売り上げは減少します。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ムーミンさん

2012/12/2623:05:09

あります。

関電の子会社と東京ガスが組んで、東京都内に分散型燃料電池のサービスを行うとか、逆に、東電が地方のガス会社と組んで、地方の電力会社に殴り込みをかけるという方式が考えられます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる