ここから本文です

13世紀にモンゴル民族が、あれだけ強大な帝国を 築く事ができたのは、なぜですか?

hat********さん

2012/12/2820:33:49

13世紀にモンゴル民族が、あれだけ強大な帝国を
築く事ができたのは、なぜですか?

閲覧数:
238
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nak********さん

2012/12/2822:05:13

まず、武力に優れていた、ということがあげられます。
モンゴル兵は騎馬戦に巧みでした。
モンゴルは馬を身体の一部のように扱えました。
子供の頃から馬を乗り回しているのですから当然です。
馬に乗ったまま寝たり、十日も乗り回しても平気でした。
当時の武器では、乗馬が巧みだ、ということは非常に
大きな利点だったのです。

しかも弓が上手いです。
これも子供の頃から生活の手段として訓練しているのです
から当然です。
馬上から弓を射るという戦法が非常に上手く、他国はこれに
対抗できませんでした。

そして特筆すべきは優秀な官僚群です。
かつては字も読めなかったモンゴル人ですが、チンギスハンが
余程有能だったのでしょう。
官僚達にやる気を起こさせ、財政技術などを学ばせ、当時でも
最優秀の官僚に育てました。

まとめますと、
チンギスハンの才能、武力、官僚機構
これがあれだけの大帝国を築けた理由です。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

moe********さん

編集あり2012/12/2902:28:41

世間では父イェスゲイ・バートル、子テムジン(成吉思汗)ら、ボルジギン氏の軍事面・統治面における優位点ばかり強調する見方が目立ちます。

しかし、大元の蒙古族の軍事面・統治面における優位点と、前後の北方遊牧民(匈奴・鮮卑・突厥・女真など)を比較した場合、それほど極端な差は見られず、成吉思汗と彼の部族だけが突出していたとは言えません。

むしろ、モンゴル帝国が史上最大の領域を支配できた理由は、北方遊牧民と切って絶対に切れない因縁の関係にあった中華文明と漢民族に秘密があります。

かつて蒙古が攻略した華北の遼・金のさらに前は北宋(趙宋)が中国大陸を支配していました。
この宋朝はよく軍事的には脆弱だったと言われますが、一方で経済・科学・文化を含めたその文明レベルは中国史上最高と言われ、当時の西洋を遥かに凌ぎます。

つまり、漢民族の宋朝によって耕された華北を征服した遊牧民の遼・金、さらにこれを手に入れた蒙古はその時点で世界最強の国家であった訳で、世界を征服できる力を約束されていたのです。

ですが、それほどまで強大であったモンゴル帝国も宋を落とすのは大変苦労し、ついに征服したかと思えば、再び南宋の地より興った明に追われてあっけなく帝国は滅亡。

以上から、モンゴル帝国を含め北方遊牧民の盛衰は、その時代の中華文明および漢民族にかかっているわけです。

haz********さん

2012/12/2821:19:41

理由はいろいろあるでしょうけど、間違っている可能性も多いけど、私見でいいます。
遊牧民だったからというものあるのではないでしょうか。
財産をいつも持ち歩き集団で行動している。馬などの機動力がある。周辺の部族を合わせて非常に大きな集団にもなれる。
また、分散して的を絞らせないこともできる。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる