ここから本文です

ヨルムンガンドの2期でアールとヘックスがお互いに撃ち合う場面がありますが、二...

nam********さん

2013/1/411:38:32

ヨルムンガンドの2期でアールとヘックスがお互いに撃ち合う場面がありますが、二人とも目を撃たれてるのに何故アールは死にヘックスは生存出来たのですか?

閲覧数:
10,034
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bla********さん

編集あり2013/1/421:54:35

アールの使用しているマグプル・マサダと、ヘックスの使用しているSCARのアサルトライフルは基本性能がほとんど変わりません。加えて「スコープ程度であれば簡単に貫通します」スコープ(この場合ホロサイトという近距離用の照準器です。基本的アールもヘックスも形が違うだけでほぼ同じ構造のものを使用しています。)はガラスレンズが複数あるだけの筒です。この程度で弾丸の威力は落ちません。

原作連載時にもこの話題になりました。お互いが必殺の一撃を相手に与えるため、顔面を狙って撃っています。

アール→ヘックスより発射が一瞬遅れたうえ足を撃たれていて片足負傷のため、安定した直進弾道を撃てずにわずかながら弾動がそれたという可能性です、数ミリ狙いがずれただけでも弾道は変わります。アールは痛みに耐えながらヘックスを撃っていたという考え方です。

ヘックス→反射的に顔を遠ざけた→発射が一瞬早かった※頭を後ろにしたのは撃たれた反動では無く、反射的によけた動き
という解釈になっています。ヘックスに撃たれた弾丸は、スコープを貫通し、かわすヘックスの目をかすめてそのまま直進しました。ヘックスは直感的に弾丸をよけたのです。実戦経験を積んでいたうえ体調が万全だったヘックスの方が有利だったというのが解釈です。※目の前で風船が破裂すると反射的によけようとする動作と同じです。

本当にヘックスに真っすぐ弾丸が直進していれば、スコープ(この場合ホロサイトという近距離用の照準器)を貫通し、アール同様、弾丸は脳にまで達しています。

アールの使用しているマグプル・マサダと、ヘックスの使用しているSCARのアサルトライフルは基本性能がほとんど変わり...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる