ここから本文です

人の遺伝子(ゲノム計画)

mar********さん

2013/1/500:28:28

人の遺伝子(ゲノム計画)

2003年に人の遺伝子の解読完了宣言がなされ約22000個の塩基からなることが分かったということと、犯罪などに関しDNAで犯人を特定できたとか、離散していた親子の判別に役立ったとかの話と、どう整合性が取れるのでしょうか。
「人の遺伝子の解読」と言う場合、大雑把に塩基の数を数を数えただけなのでしょうか。犯人の特定に使われるのは、具体的に選んだいくつかの位置の塩基が一致したということなんでしょうか。
今、人以外にも、いろいろな動植物の全遺伝子を特定する作業が進んでいるようですが、それは、単に塩基の数を数えてるだけでしょうか。塩基の配列までを特定してるのなら、固体差を特定できる、ということと矛盾するのではないでしょうか。DNAに詳しい方にお教え願いたく。

閲覧数:
374
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sui********さん

編集あり2013/1/508:06:20

特別詳しい訳ではないですが調べた範囲での回答です。
DNA内の同じ塩基配列が繰り返して存在する
特殊な「縦列反復配列」と呼ばれる部分を手がかりとして、
ひとにより繰り返し回数が異なることを利用して個人識別を行う
精度は4.7兆分の1ですが、完全な一致を調べた訳ではないので
100%ではないです。米国で一致判定が、誤りだった例が出ました。
ミトコンドリアDNAは、母親から子供へしか伝わらないため、
親子関係が判定できます。
犯罪捜査では、↓を参照下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/DNA%E5%9E%8B%E9%91%91%E5%AE%9A
検査の装置紹介は↓へ
http://www.e-kantei.org/DNA/024.htm

質問した人からのコメント

2013/1/8 00:58:52

お二人とも有難うございました。どの分野も一歩入ると難しいですね。suiika88さん、調べて頂き助かりました。縦列反復配列ですか。具体的に分かりました。fujitive08181113さん、結論としては、人間のゲノムというとほとんどの塩基の並びは一致してるけれど、同じ人間であっても一部ことなる。そこに目をつければ個人判定が可能ということと理解しました。(それが縦列反復配列なんですね。)

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fug********さん

2013/1/515:50:06

全ゲノムを解読したというのは、塩基数だけでなく、塩基そのものの配列情報を全て読んだ、ということです。
ただ、そのすべての塩基のどこが何の遺伝子をコードしているのか、その遺伝子がどのようなメカニズムでオン・オフされて使われるのか、その機能は何か、などは、まだまだ未知の部分がたくさんあります。
とりあえず、配列は全部読んで決定した、ということです。

塩基配列は生物種によって大きく異なり、ヒトならのっている遺伝子などは全部同じですが、その個々の遺伝子をコードする塩基配列にはちょっとした差異があります。
姿形と似たようなもので、ヒトとサルのように種族が違えば明らかに別の姿形ですが、同じヒトだって顔やら体型やら人それぞれですよね。
そこまで大きな違いではないですが、塩基配列にも1塩基だけ異なる一塩基多型(SNP)とかあります。
こういうのを手掛かりに、完全一致するDNAかどうかで判断するんだと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる