ここから本文です

皆さんは保身タイプですか?それとも、攻撃タイプですか?

sin********さん

2013/1/516:40:17

皆さんは保身タイプですか?それとも、攻撃タイプですか?

閲覧数:
166
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aiv********さん

2013/1/615:22:43

両方でしょうね。
攻撃に重きを置くけど守る時は守ると・・・

攻めの松下、鬼の松下と称された故・松下幸之助も実は常に最悪・最悪の事を考えて行動した典型的な守りのタイプだったと側近幹部たちは述懐しているそうです。

私達の人生も同じでしょう。短期的には楽観的に強気に攻撃的に進むも長期的には最悪の場面を想定して考え・行動すれば失敗は生じないでしょう。

日本国が必要以上に農家を守ったのは万一、第三次世界大戦が勃発したりする等の要因により食料輸入が困難な場面を想定しての最低限の食料自給率を確保しなければならなかった使命感を時の政府がずっと持ち続けていたからです。

「攻撃こそ最大の防御」とは格闘技の狭い世界だけに通用するものですね。

質問した人からのコメント

2013/1/6 16:16:19

私も両方です。但し、自分に価値観を押し付ける・小さな視野をしかない人達は相手にしません。話・説明するだけ無駄な時間を費やす事を考えれば、もったいないからです。私が本領を発揮する時は強い相手の人としか、やり合いません。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gor********さん

編集あり2013/1/615:58:38

昔、「攻撃こそ最大の防御なり」と大山倍達先生は話され、若き我も共感し、努力し、成功して、現在に至った。

守ろう、守ろうとした産業経済社会は、例外なく全て敗者になるものだ。TPPの問題・議論が最も合致しているのではないか。日本の農業、農家は弱いものだから守らねばならないと、延々と守り続けた結果、就労平均年令65歳だ。若い人が入らず、ひたすら衰退の道を突き進んでいる。

行動力・人間力に富む、大山師範の言葉に解決策があると模索すべきと思う。この言葉は、もともとは、大山先生が拓大時代に学ばれたラテン語の格言が原点であり、"Attack is the best form of defense"というもの。英語のことわざを和訳したものが「攻撃は最大の防御・攻撃は最良の防御つまり、先んずれば人を制す」なのだと話された。

昔、「攻撃こそ最大の防御なり」と大山倍達先生は話され、若き我も共感し、努力し、成功して、現在に至った。...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる