ここから本文です

「惟光」が好き 源氏物語で、光源氏のいわば太鼓持ち 惟光が好きな方っています...

chi********さん

2013/1/1018:08:25

「惟光」が好き

源氏物語で、光源氏のいわば太鼓持ち 惟光が好きな方っていますか?

大学時代の友人が惟光が大好きで卒論のテーマにまでしてました。
「気はきくし、絶対惟光もそれなりにイケメンだと思うの!!理想の男!!」だそうです。
私は専攻が近現代で古典をあまり読んでないので(源氏物語は抄訳、一部は原文で読みました)あまりぴんとこないんですが…。
あさきゆめみしだといかにもモブキャラなビジュアルですし…

惟光の魅力ってなんだと思いますか。

回答よろしくお願いいたします。

閲覧数:
2,696
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

s_i********さん

2013/1/1222:30:16

私にとって、惟光の魅力は『抜け目なさ』です。
主人の光源氏の浮気の手引きや後始末をしつつ、ちゃっかり女主人の侍女と仲良くなるし、
娘の藤内侍を内裏に出仕させつつ、光源氏の息子の夕霧との仲を黙認したりと万事に抜かりなく手を打ち、自らもとんとんに出世していながらも誰にも恨まれたりしていないあたりがスゴいと思う。
あと、イケメンでもあったでしょう。娘の藤内侍も孫娘の六の君も才色兼備だったし…源氏物語の中でもピカ一の勝ち組一家だったに違いない。

質問した人からのコメント

2013/1/16 20:21:16

成功 確かに…生きるのが上手なタイプですね。夕顔の死体処理の場面は確かに「惟光すごいな!」と思ったの思い出しました。皆様の回答大変興味深く拝見いたしました。抜け目無さ、という言葉がとてもしっくり来たのでBA選ばさせていただきました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

un_********さん

2013/1/1517:17:25

マメな男ですね。光源氏が何も言わなくても、ささっと気配りをする。あのマメさを女性に対しても発揮すれば、きっとモテるでしょう。

ところで「惟」という字には、「はい」(承諾の返事)という意味があります。「惟惟(いい)」で、「はいはい」という返事として使われ、また「命令に従うさま」をも意味します。「唯々諾々」の「唯」と同じ意味です。

つまり「惟光」という名前は、「はい、光さま」「光のイエスマン」という、作者の言葉遊びだったのではないかと、ひそかに思量しております。

twi********さん

2013/1/1020:39:14

惟光は、源氏物語の中でも珍しく、藤原の姓を持って登場しますね。

私くしの好きな夕顔を手厚く葬ったり、光が須磨に流された際も

同行するなど、光に献身的に尽くしていますね。

ショックかもしれませんが、私くしが思うには、

須磨では、夜のお相手もしていたかもと想像しています。

現代ならば間違いなく、イケメンでしょうね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる