ここから本文です

イスラム教、キリスト教、ユダヤ教の聖地の場所が同じこと。 少し調べると、三...

hap********さん

2013/1/1114:51:08

イスラム教、キリスト教、ユダヤ教の聖地の場所が同じこと。

少し調べると、三教の神は同じだという説を知りました。他の説はあまり知りません。

そこで気になったのが、宗教の対立なので

すが、十字軍ってありますよね?
それはキリスト教徒の宗教熱が高まり、自分たちの聖地を巡礼したいという気持ちから立ち上げられた軍だと知りました。

どうして「行かせてもらおう」とかでなくて、「取り戻そう!」と思ったのか謎ですが、当時(過去)のことは仕方ないとして…

今でも宗教的な対立はあるようですよね。

どうしてなのでしょう?


ただでさえ、聖地が同じところにあるだなんて奇跡!と思えないのかなあ、とか、もっと踏み込めば、神が同じ可能性があるなんて運命を感じるだとか、身内みたいな感覚にならないのかなあ、と思います。

言い方は悪いですが、維持を張り合っているのかしら、とも思います。

何か知識をお持ちの方、よろしくお願いします。

閲覧数:
927
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

香象さん

2013/1/1402:47:05

まず、ユダヤ教からキリスト教が派生しました。ユダヤ教の教義では、選民思想が有り、「ユダヤ人は、神に選ばれた民族であり、人類を代表する民族である」と、考えられてきました。ところが、ある日、ユダヤ人の中から、「自分は神の子であり、ユダヤの王である」と、自称する人物が現れ、「人類は、平等である」と説きました。彼は、ユダヤ教の異端者として十字架に架けられました。その弟子達が、キリスト教を作りました。つまり、キリスト教は、ユダヤ教から、決別する形で派生したのです。
また、ある羊飼いの男が山にこもっていると、天使が現れ、「キリスト教は、間違って人々に伝わってしまった。イエスは、預言者であり、神の子ではない。唯一の神はアッラーフである」と男に伝えました。
それが、イスラム教の始まりです。
イスラム教徒は、キリスト教徒の事を「啓典の民」と呼び、当初は尊重していましたが、次第にお互い異端者と罵り合い、決別しました。
そして、エルサレムは、戦争の町になりました。
つまり、同じ神を崇拝する者同士、解釈の違いは、致命的なのです。

質問した人からのコメント

2013/1/18 22:03:22

降参 なるほど。「解釈の違い」ですね。納得です!
他の皆さんも分かりやすいご説明ありがとうございました。

争いのない世の中が訪れるといいですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nak********さん

2013/1/1116:35:31

”今でも宗教的な対立はあるようですよね。
どうしてなのでしょう?”

昔はともかく、現代では宗教の違いだけで
対立は生じません。
信者間に経済的格差が生じると、宗教を理由と
した対立が生じるのです。

逆に言えば、格差が無ければ対立は生じません。
格差があり、それが民族の差であれば民族を
理由に対立が始まります。

kif********さん

2013/1/1115:59:31

同じ神だから対立が根深いのです(笑)

簡単に言えば、後からできた宗教は先行する宗教を「信じる神は同じでも、彼らは神の教えを正しく実践していない!」
「自分たちこそが正しい信仰の持ち主だ!」と批判して興ったので、なかなか歩み寄れないのです。
しかもこの神は異端や異教に非常に不寛容な神なのでなおさらです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる