ここから本文です

最近、よくマッスルバックなのに優しいとかよく見かけるのですが本当に優しいマッ...

bmw********さん

2013/1/1316:32:09

最近、よくマッスルバックなのに優しいとかよく見かけるのですが本当に優しいマッスルバックってあるんでしょうか?

閲覧数:
4,313
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tub********さん

2013/1/1317:14:31

有りません。

メーカーが試行錯誤して低重心にしているのは、昔のマッスルバックよりロフト角が立っているから‥。
ロフト角を立てないと飛距離が出ないので売れない‥。
しかし、ロフト角を立てれば当然難しくなる。
でも、昔のマッスルバックよりクラブヘッドは大きくなっているので、その分はスイートスポットは大きくなっている。(といっても1~2mm程度でしょう)
しかし、大きくなっているのはキャビティーなども一緒。
結局、優しさとしては↓の構図は変わらない。
キャビティー > マッスルバック

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tak********さん

2013/1/1621:25:04

そもそもマッスルバックは、バックフェイスに肉盛りすることで簡単にしたアイアンの形状です。

ins********さん

2013/1/1415:37:09

おいらの場合だとずっとマッスルなので新しいほど打ちやすいですね、ミズラーなのでTN91,MP37,MP68と使い続けて来ました、ただ個人差もありますのでミスヒットでダメと感じる方々が殆どですね、これが現状です。

どんなクラブも関係なく良くも悪くなるのも自分次第だと思います。

2013/1/1410:19:45

使う人のレベルによります。

下手が使えば、全然優しくないし、
上手い人が使えば、優しく感じます。

san********さん

2013/1/1408:56:16

以前のMBよりは優しくなっているかもね
ネックの接続部の技術向上によりヘッドのシャフトを差し込むネック部を短くでき その分ヘッドの低重心化になる
タングステンウェートの埋め込みにより低重心化ができる
そんなこんなでリフトを立ててもボールが上がりやすくなり
”以前の7アイアンのボールの高さのままで飛距離が伸ばすことができた”ってことでしょう
しかしボールを正しく打つことスイング的には優しくはなっていないと思いますよ

san********さん

編集あり2013/1/1321:12:31

たぶん想像ですが、普通に飛んだから・普通に打てたらか、易しいと勘違いされている人がほとんどでしょう。

マッスルの弾道はスイングに現れます。なぜかと言うと重心が高く少しヒールより(最近は少し低く中心付近)になるため、ボールを押し込みながら(強いダウンブロー)で打たないと、本来のマツスルの球筋になりません。ブレードが厚く重いため重く強い球筋になります。

フェースに載せるスイングでは当然本来の弾道は出せないでしょう。現在のマッスルも昔の流れをくんでいて、エッジからボールに入れないと芯に当たりません。

ただ、闇雲に練習しても本来の弾道で打てないなら、メーカーからすると、やはりマツスルは難しいクラブになるでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる