ここから本文です

民法についての質問です。親族法を勉強しているのですが、「嫡出推定の及ばない子...

mom********さん

2013/1/1601:11:11

民法についての質問です。親族法を勉強しているのですが、「嫡出推定の及ばない子」について、どういった場合に推定が及ばないかという点で、外観説、血縁説、家庭破綻説がありますが

血縁説の場合、外観上夫の子でないと明らかな場合のみならず科学的に夫の子でないと証明された場合も、772条の推定は及ばず、親子関係不存在確認の訴えを起こすことになります。

ここで、科学的に夫の子でないと証明される(あるいはその調査が行われる)のは、どの時点ですか?

前提としてDNA鑑定などにより夫の子ではないと証明されているときに、確認の訴えを起こす必要があるのでしょうか。

それとも、夫の子でないかどうかは不確かなまま確認の訴えを起こしたらDNA鑑定などが行われるのでしょうか。


親子関係不存在確認の訴えを起こすには、前提として子に嫡出推定の及ばないことが必要なはずです。

しかし、教科書の説明を読んでいると「親子が普通に生活しているのに外部からの干渉を許すのは妥当ではない」という
説明がなされています。これはまるで、「訴えを起こすことで科学的調査を行い、夫の子ではないと証明する」と言っているようです。

もしも妻の浮気相手が確認の訴えを起こすとすると、前提として科学的に証明されている必要があると思います。
しかし証明のためには夫の協力が不可欠であり、夫がDNA鑑定などに協力しなければ結果として鑑定はなされず、ひいては夫の子ではないという証明はなされないので親子関係に対する悪い干渉にはならないはずです。

自分でも何を言ってるのかよくわかりません。

つまり、聞きたいのは前述のとおり、

前提としてDNA鑑定などにより夫の子ではないと証明されているときに、確認の訴えを起こす必要があるのでしょうか。

それとも、夫の子でないかどうかは不確かなまま確認の訴えを起こしたらDNA鑑定などが行われるのでしょうか。

ということです。

法学部の方、院の方、また法学に詳しい方、どうかよろしくお願いします。

閲覧数:
195
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bwd********さん

2013/1/1601:19:27

>>前提としてDNA鑑定などにより夫の子ではないと証明されているときに、確認の訴えを起こす必要があるのでしょうか。

基本的には、必要なないと思います。夫の子ではないって、証明されているのに、何で確認の訴えが必要になるのでしょうか?

>>それとも、夫の子でないかどうかは不確かなまま確認の訴えを起こしたらDNA鑑定などが行われるのでしょうか。

そのケースも、ありえると思われます。

また、母親も夫も東洋人で、生まれた子が黒人とのハーフとかなら、DNA鑑定など不要でしょうけど。

質問した人からのコメント

2013/1/16 01:33:16

感謝 なるほど! こんなに早く回答をいただけるとは思っていなかったので本当にありがたいです! やっと納得いきました、この問題を考えて2日費やしてしまいましたから……本当にありがとうございました!!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる