ID非公開

2013/1/17 1:25

195195回答

父への恩返しの仕方 私は現在大学生です。

家族関係の悩み671,069閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

440

440人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。こんなに回答がつくとは思いませんでした、悔い改めてこれから頑張ります。 それから‥私は女で、このアカウントを普段使っている方とは別人です。知恵袋っていうのがあるから相談して みたらどう?と言ってパソコンを貸してくれたんです。誤解した方が多かったようで申し訳ありません。

お礼日時:2013/1/22 0:03

その他の回答(194件)

18

すばらしい、おとうさんですね。 あなたは幸せです、ですから感謝感謝ですよ。 次は自分の息子や娘に同じことをしたらいいです。

18人がナイス!しています

16

優しいお父様ですね。 社会人になってから返すのがいいと思いますが 貯めておけと言われたならば 父親名義で口座を作ってそこにお金を 貯めてみてはどうですか? 内緒でためておいて貯まったら あの時は本当にありがとう、 と言って渡してあげたらいいと思います。 それ以外にも父の日や誕生日にプレゼントをあげたり ご飯を食べに行ったりなど。 お金を返す以外にもできることは たくさんあると思います。 お身体に負担がかからない程度に 頑張ってください。

16人がナイス!しています

24

まず別件で最初にご注意して頂きたいのは 150万円の口座振り替えは、完全に「贈与税」の対象になると言う事です。 これだけの資金移動は税務署にちゃんと見られています。本当に。 あなたが税務署に行って、贈与税の申告をして、納税(4万程度)しないと大変ご面倒な事になります。 それこそ次は、「法的に」お金にキチンとしてない人として取り扱われますのでご注意を。 カードの使い過ぎと親相談までは、まぁよくある話です。 お父さんのご対応は、なかなかできない位器の大きな対応です。 ただし、稼ぎが大きいお父さんだとしても 「個人的な現金」として150万円以上常に持っているお父さんは普通いません。 通常よくある世帯の家計ケースとしては、いずれはこの事はお母さんにも伝わる物として、生活の一転は必ずすぐにスタートしておいた方が身の為、親の為かと思います。 カードは【せめて】1枚だけにして限度額を極端に下げる申請位はしておきましょう。 それから、これも踏ん切りがつかなかったり、色々ご理由も思い浮かぶでしょうが、 「今まで買った物を、売れるだけ売る」事です。 売っても大した額にならないし・・ではなく、そこは売り払ってしまうのはどうでしょうか。 そのお金は、お父さんに受取って貰えないならば、あなた名義の新通帳口座を作ってそこに入金をして、いっさい手を付けないようにしておきましょう。 そして、今後余裕ができたお金もそこにその都度入金しておきましょう。それをいつかお渡しするつもりで。 (ちなみにそのお返しする段階で110万円を超えていたら、お父さんが贈与税の対象になります) 生活レベルと生活費というのは不思議なもので、 生活レベルが上だと生活費も比例してかかります。 例えば「年収1000万円の人」は 「年収500万円で2割(100万)貯蓄に回す人」と比較して、 600万円貯蓄に回す余裕があるかと言うとなかなかそうではなく、 実際にはやはり1000万円に対しての2割の貯蓄余裕という風になります。 これが生活レベルの違いによる、生活コスト高なのです。 これはなかなかできる話ではありませんが思い切って 生活レベルを今までお買い物をした120万円分位は下げてみてはどうでしょうか? つまりカードのお買い物で得た生活品を全て売り払うということです。 すると不思議なことに、今後のお金の出も下がり、 貯金に回すこともできるようになり、けっこう清廉な生活になるはずです。 バッグや洋服が無くなると、お金のかかる場所への外出機会が減ります。 家具が無くなると、入れる物や周囲の物へのお金が減ります。 本棚と書籍が無くなると、新刊を買い集める事をやめます。 ゲーム機が無くなると、ゲームソフト代が無くなります。 「これを売っても」「これは売れない」「思い出」「友達が減る」「不便になる」等の 理由が頭をよぎるのは、人間なので当たり前です。 しかし、その部分が無い生活レベルが、本来のご質問者様自身なのです。 その分を、「いつか返す貯金」に入金し続けましょう。 その「金額」ではなく、「履歴」が恩返しの気持ちになるでしょう。 もし思い切れれば、逆ボッタくりでも仕方ないと思って、中古品販売店にでも電話して 出張査定を部屋に呼んで片っぱしから売ってしまってはどうでしょうか。 人が変わったような新生活になると思います。 それでもちゃんと、友達も家族も居てくれるものですので、ご心配は無用ですよ。

24人がナイス!しています

8

ああ、、一度カードに手を出してしまったのですね。 カードに一度手を出してしまうと、あとはいくら決意だけを固めても、必ず再度手を出して、 またお父様にご迷惑をかけることになるでしょうね。 本気でお父様に恩返ししたいなら、 まずは民法を徹底的に勉強してください。 最終的に司法書士試験のレベルまで勉強したら、 恐ろしさを理論的に理解できるので、手を出さないでしょう。 そして、お金は貯めておき、ご両親のために使いましょう。

8人がナイス!しています

21

不覚にも私も質問者様の質問文を読んでいて涙が出ていました。 私も20代で自宅を新築した際、若さゆえの暴走でいざ完成を間近にした際50万円程お金が足りない事に気が付きました。 (住宅ローンじゃない部分・・・カーテン・照明・引っ越し費用等々)すでに計画はカツカツだったため、父に駄目もとで「50万程 貸して頂けないかと・・・・」言ったところ、対して理由も聞かずに次の日に50万円を持参してきてくれました。 その後少しづつでも返そうとしたところ「貸したお金は返ってこないと考えているから・・・なんとか」で結局返済できずにいます。 私は今30代前半で日本で5本の指に入る難易度の国家資格に挑戦しています。資格を取得して基盤を作り父や母の老後を 豊かに過ごせる手助けをできる男になるつもりです。 私にも2人の子供がいますが二人の子供がピンチの時にはさっと手をさし出す事ができる父親になるつもりです。 質問者様のお父上は大変立派なお人だと思います。中には甘やかし等と言う人もいるかもしれませんが・・・。 親になって思う事は自分の子供には幸せになって欲しい、ということです。しかし世の中には子供にパッと150万円を 差し出す事ができる人はそんなに多くはいないと思います。それだけでも素晴らしいと思います。 質問者様がお父上にできる恩返しは・・・まずは健康でいる事ですね。絶対に親よりも先に死んではいけません。 そして、お父上がお仕事を完全にリタイヤされた時に毎年何かをプレゼントされてはいかがでしょうか?例えば、旅行券なんか はいかがでしょうか?お母様と一緒に一緒に行っておいで、とプレゼントすればきっと喜ばれると思います。 大学を無事卒業して立派な社会人になってお父上を安心させて下さいね。そして、日本の何処に就職を決めても年に1回は顔を お見せする事オススメします。それにしても、お母様にも内緒にしてその後も一切触れてこないお父上がかっこよすぎます!! 最後に・・・気が付いたのですが、質問様は120万と申告しているのに対しお父上は150万を振り込んでいるのはきっと 「もしかしたら恥ずかしくて少なく申告しているかもしれないな」という親心からのお振り込みなんでしょうね。 追伸・・・「クレジットカードは金輪際作らない事!!」と言っている人がいますが、日本のまともな社会人は大部分がクレジットカード位財布に1枚か2枚は入ってますよ・・・。社会に出て経済活動を行っていると予期せぬ出費は必ず訪れます。今回のような濫用は良くないですが、クレジットカードは良識の範囲内での使用は決して危険ではないですよ。学生のうちは確かに必要ないかも知れないので今は破棄するのもいいかもしれませんね。ただ、無責任にクレジットカードを危険視する回答があった為の追伸です。

21人がナイス!しています