ここから本文です

日本語は敬語と日常語との差が非常に大きいですが、

riv********さん

2013/1/1900:26:58

日本語は敬語と日常語との差が非常に大きいですが、

敬体(敬語)と常体(日常語)との差異は丁度現代語、標準語と古語、方言くらいあるといわれており、欧州諸語なら互いに外国語と認識されるくらいの違いがあります。(ドイツ語とオランダ語、スペイン語とポルトガル語、ロシア語とウクライナ語、デンマーク語とスウェーデン語は丁度日本語の現代語、標準語と古語、方言くらいの違いしかない。)
常体⇔敬体の相互変換(異種言語間における”翻訳”に相当)は何と呼びますか。
教えてください。

閲覧数:
230
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dek********さん

2013/1/1908:40:41

違うのは単語だけ。発音も文法も、寸分たがわず同じです。
欧米語の不規則活用と大して変わらないでしょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

opa********さん

2013/1/1908:25:31

言い換え、じゃないかと。

jws********さん

2013/1/1903:41:52

ごめんなさい一言
多分ノルウェーとスウェーデン語の間違いかと。デンマーク語はスウェーデン語とちっとも似ていません。
それとスペインはポルトガルではなくイタリアかと。同じラテン語使ってますし。

ノルウェーに行った時の話しですが
スウェーデン語とほとんど同じ単語をノルウェーでも使っています。ただし文法と発音がやはり違うので良く聞かないといけませんが医師の疎通は取れます。
でも書くとややこしいスウェーデン語はåöäですがノルウェーはøæå
読み方だけでなく若干発音も違うんです。
そういう場合の頭の中での翻訳に当たる言葉が見つからないです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる