ここから本文です

アンモニア合成反応N2+3H2=2NH3の圧平衡定数は、25℃において6.52×10^5atm^-2であ...

os5********さん

2013/1/1917:48:58

アンモニア合成反応N2+3H2=2NH3の圧平衡定数は、25℃において6.52×10^5atm^-2である。200℃における圧平衡定数を求めよ。
だだし、25℃におけるアンモニアの標準生成エンタルピーは-45.8kJ/mol

であり、25~200℃における温度変化は無視できるものとする。
この問題がわからないので教えて下さい。お願いします

閲覧数:
4,096
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pla********さん

2013/1/2310:56:54

平衡定数の温度依存性はつぎのとおりです。(van't Hoffの式)
(∂lnK/∂T)_p=ΔH/RT^2・・・①
①を積分すれば
lnK=-ΔH/RT+C(積分定数)・・・②
です。ところでΔHですが、アンモニアの標準生成エンタルピーが正の大きな数ということはありません。符号はマイナスのはずです。そこで②より次の二つの式ができます。
ln6.52x10^5=45.8x10^3/(8.314x298)+C・・・③
lnK=45.8x10^3/(8.314x473)+C・・・④
ここでNH3生成のエンタルピー変化は25℃から200℃で不変と仮定しています。④から③を引きます。
ln(K/6.52x10^5)=45.8x10^3(1/3933-1/2478)
ln(K/6.52x10^5)=-6.838
K=699
となります。

質問した人からのコメント

2013/1/23 14:16:19

platine_rhodiumさんありがとうございました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる