ここから本文です

レントゲンを撮る時に金属を外すのは何故? 付けたままだとどうなるんでしょう...

af0********さん

2013/1/2401:46:48

レントゲンを撮る時に金属を外すのは何故?

付けたままだとどうなるんでしょうか?

閲覧数:
19,071
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ros********さん

2013/1/2401:49:51

金属はX線を通さないので、正確なレントゲン写真が出来ないのでは

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gan********さん

2013/1/2409:20:34

写真にする目的部位に金属があれば写り込み診断の邪魔になるからです。
でもそれ以外であれば金属あってもかまいません。
例えば胸の写真では腕時計、メガネやジーパン着用していても大丈夫です。
一方MRIは目的部位以外でも金属はNG!
検査室自体に入れません!機器に吸い付く恐れがあり事故につながるからです。

この胸部レントゲンは
腕時計、メガネ、ジーパン着用で撮影してもこのように写真になります。

写真にする目的部位に金属があれば写り込み診断の邪魔になるからです。...

big********さん

2013/1/2408:45:47

それは映像に映り込むからです。適切な判断ができません。

han********さん

2013/1/2405:48:01

レントゲンに映ると見ずらくなるというのが、
主たる理由。同様にプラスチック、ボタンなど
も映る。
形からネックレスとか、安全ピンとか、コイン
などわかりますが、病変と重なった場合に、
病変の診断に支障をきたすから。

MRIでは強い磁場なので、磁力を帯びるもの
があれば、飛んで行く場合があります。

mad********さん

2013/1/2401:50:13

金属製品の部分が白くなり、骨の状態が分からなくなります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる