【鶴と亀】。何故鶴と亀が同列に扱われるのでしょうか?【龍と虎】みたいな物なのでしょうか?(≧∇≦) なんか、聞いた話だと古代中国?では、

【鶴と亀】。何故鶴と亀が同列に扱われるのでしょうか?【龍と虎】みたいな物なのでしょうか?(≧∇≦) なんか、聞いた話だと古代中国?では、 【鶴と亀】って、【長生きや長寿】の象徴と聞きましたが、 では、リアルに鶴や亀は本当に長生きなのでしょうか? 亀は長生きと聞いた気もしますが、鶴はどうなのでしょうか? よろしくお願い申し上げます!!m(_ _)m

一般教養5,222閲覧

ベストアンサー

1

質問を拝見して、わたしも気になったので調べてみました! 詳しく書いてあるさいとがあったので、転載させていただきます。 「鶴」と「亀」は、「鶴は千年、亀は万年」と言われ、めでたいものの1つとされています。 では、なぜ鶴と亀は縁起がいいのか? ちょっと気になって調べてみました。 おめでたい鳥の鶴と、おめでたい動物の亀を取り合わせた「鶴亀」という言葉や、その姿を図形化したものは婚礼の儀式をはじめ、「おめでたい」セレモニーには欠かせない縁起物として、様々な場面に取り入れられ珍重されています。 ・鶴 古くは「たず」と呼ばれ、平安時代以降に「鶴」と呼ばれるようになったようです。 古来より「鶴は千年」といわれ「長寿を象徴する吉祥の鳥」として、また夫婦仲が大変良く一生を連れ添うことから「夫婦鶴=めおとづる」といわれて「仲良きことの象徴」の鳥として、鳴き声が共鳴して遠方まで届くことから「天に届く=天上界に通ずる鳥」といわれるなど、民衆の間に「めでたい鳥」として尊ばれてきました。 ・亀 浦島太郎の話では龍宮城の使いとされていますが、古い中国では仙人が住む不老長寿の地として信じられた逢莱山の使いとされ、大変めでたい動物とされていたようです。 日本においても「亀は万年」と言われて、鶴とともに「長寿を象徴する吉祥の動物」とされ、めでたい生き物として尊ばれています。また、甲羅の紋様の六角形は吉兆を表す図形ともされています。 株式会社 ササガワ タカ印紙製品ご贈答マナー 行事と縁起物 より ところで、この記事を投稿した後、「千年」「万年」は単に非常に長いことを意味する言葉だとわかりますが、鶴と亀の寿命は一体どれくらいなんだろう?という疑問が湧きました。そこで、とあるサイトに載っていた文章から抜き出してみたのですが。。 亀は100年以上長生きする種類(象亀など)がいるようですが、鶴はそんなに長生きはしません。 実際の寿命は種類にもよりますが20-30年(鶴),30-50年(亀)程度です。 ジュウシマツが長くて3年、烏で10年位なので鳥としてはかなり長生きです。 特に鶴の寿命に関しては、まだまだはっきりしたデータはないそうです。 結局は、周りの他の動物や、鳥類よりも、長生きするので、長寿のシンボルとなったのではないでしょうか。 これは、仮に江戸時代の感覚でいけば、平均寿命の半分、人によってはそれ以上生きる生き物なわけですから「長生き」のイメージができたのではないでしょうか。 古代中国で鶴亀を長寿と繁栄の象徴としたのが日本に伝わったそうです。 冬に去り春に再来するのを見て再生(≒不死,長寿)を連想したのでしょう。 亀は中国でも知恵と長生きの象徴だし、鶴だって、夫婦で添い遂げる仲の良さは人間にとってもうらやましい限り。鶴は鳥類で唯一、ヒマラヤ山脈を飛び越せる能力があることから霊鳥とされ、その細い姿が仙人と通ずるなど道教などの宗教と共にもたらされた考えでしょう。 浦島太郎には玉手箱を開けて老人となり最後は鶴に姿を変えて飛んでいったという結末もあります。 亀はその硬い甲羅を持つことから、世界を支えているという伝説がインド、ギリシャなどにあり、不動のものの象徴です。 また、風水・陰陽道では北の玄武(亀)、南の朱雀(鳥)が陰陽の極みで、これに対応する実在の動物として亀、鶴が使われたのかもしれません。高松塚古墳とかの壁画で玄武、朱雀などが確認されているのはご存知の通り。 千羽鶴を折るのも「鶴は千年」の言い伝えからきている習慣だそうです。1羽、折るごとに、1年長生きできると考えられていたそうですよ。 「鶴髪(かくはつ)」=「鶴の羽のように真っ白な髪。白髪(しらが)」たとえ。長寿であること。という言葉もあるそうです。 とのことでした。 参照:http://heartland.geocities.jp/simijimi_hiro/saijiki/1gatu/tsurutokame.htm

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

よくわかりました!! ありがとうございます!!(*^o^*)

お礼日時:2013/1/31 19:48

その他の回答(2件)

0

>【鶴と亀】って、【長生きや長寿】の象徴と聞きましたが、 そもそも論として、 >【龍と虎】みたいな物なのでしょうか その通りです。 有名な四神ってあるでしょ。玄武、朱雀、白虎、青竜。 龍と虎はわかるよね、言う通りだ。 で、朱雀と玄武が、鶴と亀に当るの。 玄武ってのは大地を表し、亀と蛇の合体技で表わされます。つまり、亀なんです。 朱雀も架空の鳥ですから、代替えの実在の鳥がいくつかあります。その一つが鶴です。 そもそも朱雀とは鳳凰を差します。鳳凰ってのはツガイの事で、鳳がオスで凰がメスです。このことから、大きくて白くて(気品がある)、雌雄がダンスしてツガイとなる鶴も、鳳凰のような鳥、として扱われたのです。 実在の鳥としては、鶴は中国では最も位の高い鳥なんです。 それが日本に伝わり、龍と虎は威力の象徴、鶴と亀は逆に平安の象徴として縁起物とされたのです。 ここから「無事平穏に暮らして、千年万年の寿命がある」という風になったのです。組み合わせとしも、地や水にある亀と、空を飛ぶ鶴という組み合わせが丁度良いので、柄的にも落ち着くのです。 亀が手足首を出しているということは、周囲(地上、水辺)が平安であるということ。鶴が飛んでいるということは、空が晴れて風が強くいない=天候が穏やかであるということ。そういうことなのです。 >では、リアルに鶴や亀は本当に長生きなのでしょうか? これは、そんなことはあったりなかったり。 亀はかのガラパゴス大亀のロンサムナントカってのが100年以上の寿命とか。 鶴に関しては、鳥は、得意に飛ぶ鳥は人間以上には長生きしません。 一説には、動きの激しい動物ほど寿命が短いと言います。 象は長寿でチーターは短命なのです。

0

なーんか無駄に長い回答がついてるなぁ。くだらない顔文字なんか使った質問だからかなぁ。 亀の寿命は長いよ。ガラパゴスゾウガメなんか100年以上生きるよ。 鶴は鳥としては長い30年くらい。 この辺は動物図鑑あたればすぐわかることなのに、ここに質問するからビット数稼ぎの餌食になってるじゃん。 この二つが並立させられてるのは、古代中国の陰陽云々よりも、「海」「陸」「空」の対比から。 それと「浦島太郎」の影響。(庶民は古代中国の陰陽云々よりこっちに馴染みがある) 「陸」で虐められてたけど太郎を「海底」の竜宮城に連れて行ったのは「亀」。あれのラスト、爺になった太郎(=長命だったことを示す)は「鶴」になってどこか=「空」に行っちゃう。 この辺だね。 因みに「同列」じゃないよ。鶴は千年、亀は万年だから、十倍も違う。「金と銀」ぐらい違うから、「並立」だね。 gangazumbaaaanさんへの回答