海外生活。アメリカで交通事故、弁護士。保険会社。今、転勤でアメリカ在住です。

海外生活。アメリカで交通事故、弁護士。保険会社。今、転勤でアメリカ在住です。 直線道路を走行中に、隣車線の車が車線変更をしようと激突してきました。私の車のドアは壊れました。警察にレポートを作成してもらい、相手の方が警察官に「私が確認せずに車線変更しました。すべて私に非があります」とお話してくださり、警察官に「すべて相手に非がある」という内容のポリスレコードも頂きました。 数日後、相手の保険会社から連絡があり、私の車の修理はしていただけるとのことでしたが、それ以来全く連絡がなく、何度かこちらから保険会社へ連絡しましたが、いつも席を外しておられ、電話をかけ直してくださるようお願いするも、無視をされ続け、2ヶ月が経ちました。 車はドアが破損しましたが、そのまま通勤で使用しています。 そんな中、知恵袋さんや同僚からのアドバイスでも、私自身がけがをしていないと思っていても、一応病院の診察は受けたほうがよいとアドバイスを頂き、病院の診察を受けました。私の職場が交通事故専門の病院を予約してくれ、自己負担はなく済み、医師にレントゲンなどをとられ、検査結果待ちです。 その病院で担当医の知人の弁護士が私に話しかけてこられ、良ければ保険会社との仲介に入っていただけるとのことでした。 私の職場の同僚が「交通事故を起こされ、相手に100%非があるにも関わらず、弁護士を頼まなかったので、相手の保険会社の対応は遅く、事故から1年たつもまだ修理をしてくれない」とも言っており、このまま保険会社と話をするのも大変なので、私はこの弁護士さんにお願いしようかと思います。成功報酬は3分の1とのことでした。アメリカで交通事故や弁護士さんにお世話になったことのある方、対応はいかがでしたか?体験談やアドバイスなどをお聞かせ願えればと思います。よろしくお願いいたします。

海外生活1,988閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

相手の破損を放っておくなんてとんでもない保険会社ですね。 さて、第一義的には、あなたの車を直す責任は相手のドライバーです。保険会社に言っても埒が明かないときは、ドライバーを訴えることです。そうするとドライバーは保険会社に、訴えられたけどどうなってるんだ?と話がいき、保険会社も腰を上げざるをえないはずです。私は逆のパターンになり、相手が有り得ない理由を付けて私に(事故範囲以外の)修理賠償を求めてきましたが、私の保険会社は(事故とは関係ないので)こちらの責任範囲外だと長いことつっぱねておりました。相手はずっと保険会社に対応を求めていましたが、しまいには私個人を訴えてきました。このことを保険会社に相談し、保険会社は正攻法で受けて立ち裁判でこちらの責任範囲外であることを認めさせました。私のこのケースでは、私の保険会社はやるべき修理はすぐやった上で、それ以上の要求を断っていたので、最初から何もしてくれない質問者さんのケースとは異なりますが、いくらなんでも大手ではありえないと思うのですが、バックレられた時のために、相手のドライバーを逃がさないことです。あなたの保険会社が何もしてくれないので、あなたを訴えることになるけど、といった手紙でも送ったらどうでしょうか。スモールコートという制度があるはずです。訴えを起こすことはそんなに難しくないみたいでした。ただ相手が別の州だったりすると面倒かもしれませんが。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

mnmpokoさん、災難でしたね、さすが訴訟大国アメリカですね。しかしながら、私の場合、相手の方がご高齢の方ですので、訴えることは避けたいところです。私の保険会社に連絡します。本当にありがとうございました!

お礼日時:2013/2/2 4:00

その他の回答(3件)

0

アメリカではこういう場合先ず自分の保険会社に連絡します。

0

貴方の保険会社に連絡すべきでした。未だなら直ぐして下さい。普通保険会社同士が連絡し会います。。

0

>何度かこちらから保険会社へ連絡しましたが 質問者さんの保険会社が連絡するのが普通だと思います。 弁護士を雇う前に質問者さんの保険会社に相手の保険会社と連絡してるのか聞いてみては如何でしょうか?