宗教について。 世界真光文明教団ってところに母親が入っており僕も小さい時は仕方なく行っていました ここの世界真光文明教団というところは「世界をよくする 人を助ける」だの謳っていますが、

宗教について。 世界真光文明教団ってところに母親が入っており僕も小さい時は仕方なく行っていました ここの世界真光文明教団というところは「世界をよくする 人を助ける」だの謳っていますが、 実際に、1回行く度にお金を払わないといけなくてはなりません。 でも、わざわざ、立派な宗教の建物を僕は建てなくてもいいと思うし、そんなお金があるなら貧乏な人たちにお金を配ればいいと思うのですがみなさんはどう思いますか? 「世界をよくする 人を助ける」←これのために赤の他人がお金を納めるお人好しがいますか? 実際、世界真光文明教団を何年もやってきて何が変わったのか知りたいです。 実際に、組み手だった方教えてください。←これは実際、信者さんじゃないとわからないので気にしないでください。

宗教774閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

分派の崇教真光の元組み手です。 自分の在籍してた頃にも、貴方の様な「2世組み手」が沢山いました。 多くの方は『何でやってるか分からない』というのが普通ですね。 半分以上が中高生あたりから来なくなります。 自分は10代後半から40過ぎまで、のめり込んでました。 自分はくそ真面目な性格なだけに、全てを鵜呑みにしてました。 ふと気づくと、遊ぶ時間も女性とデートなんてする時間もなく40半ばで独身(笑) まあ『もう結婚は、いいな』と思ってますが、悔しいのは『普通の方々みたいに青春を謳歌できなかったこと』ですね。 どんな時にも『宗教優先』という染まりっぷりでしたから。友達も離れるというよりは、自分から縁遠くした感じでした。 自分としては、お金は別にいいので『青春を返してください』と言いたいです。 でも、仕方ないんだな。自分が気付くのが遅かったんだから。 来世(あるのか?笑)は宗教は勘弁っす。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

色々と教えていただきありがとうございました。 僕も宗教はもう勘弁です。 今までの時間とお金を返してもらいたいです・・。

お礼日時:2013/2/3 2:34

その他の回答(2件)

0

お問い合わせされた件について回答をさせていただきます。 ご奉納を何故にさせていただくのか、このことについてはシッカリとみ教えを理解しておく必要があります。それは以下のとおりです。 私たち神組み手は、「三施」と「三真の義」で、お詫びと感謝報恩を形に表します。 三施とは 【法施】 正法を真吼えし、魂を開かせること。 【行施】 真光の業でお浄めに行かさせていただく、道場のご奉仕をさせていただくこと。 【物施】 主座世界総本山やお浄めをする場所である道場のためのご奉納や奉物。 三真の義(清浄行感謝報恩行)とは 【賜真】 神力を賜らんとする受け霊のこと。(受光、み祭り参拝、道場参拝) 【施真】 隣人に広く真を分かつこと。(施光、真吼え、布教) 【奉真】 神への感謝の真を捧げること。(ご奉仕、ご奉納、物施) 奉真の形として、物や形にたくして感謝の念、懺悔の気持ちを表すのですが、天地万物をお創りになった神様ですから、神様は決してお供え物を欲しがっておられるわけではありません。 神様は、ただ「神の子人の真心」を求めておられるのです。 そして、奉納されたお金や物は、神様は教団をして神の「愛」と「教え」と「真光の業」を世に広め、人類を救うために使われるのです。 この三施や三真の義は、積極的ミソギハラヒ、曇り消しに大きな役割を果たします。これらを行ずることが、神様のご想念に合うものです。 この、清浄行感謝報恩行によって、私たちは一段と浄められ、神様と波長が合ってきますのでお恵みがいただけるようになるのです。 ご奉納としては、 【お玉串】 先祖代々犯してきた、家の財的罪穢や、自分自身が再生転生中に犯してきた財的罪穢を消させていただくため、また、神力を賜りたいとき、日頃のご守護の感謝を申し上げるようなときに祈りを込めてお捧げします。 【お浄め御礼】 神様のみ光を賜る感謝の気持ちを込めてお捧げします。 【ご守護御礼】 奇跡やお仕組みをいただいたとき、感謝の気持ちを込めてお捧げします。 【主座ご奉納】 主座建立、道場建設のご奉納は、次の新しい文明を起こすための、神様のご経綸進展に合ったご協賛になります。人が無病化して健・和・富の家となり、いつも楽しく笑って暮らせる、幸福者ばかりの世の中にするためのご奉納です。 【霊線保持御礼】 家の財的罪穢を消す重要なご奉納です。前月の末に翌月分の霊線保持御礼を納入させていただきます。また、神様との霊波線を繋がさせていただくための重要なご奉納でもあります。 【道場維持費】 道場を維持していくためのご奉納です。 【その他ご協賛】 み祭りなどの行事を執り行わさせていただくためのご奉納です。 上記のご奉納については、自分の気持ちをお捧げさせていただく自由な金額のご奉納と、決められた金額のご奉納があるという二通りがあります。 また、物やお金などは神様より貸し与えられたものであり、何割かは神様にお返しさせていただくという意味合いもあるのです。自分の財産を銀行などに預金する、これは地の倉に積むことになり、神様にご奉納させていただくことは、天の倉に積むことになるわけです。 たとえ大資産家であり、物金を豊富に持っていたとしても、本当の幸せは物金では得られないものです。 人が死んで幽界へ往くとき、個々の持っていけるものといえば、その人の積んだ善悪、功罪だけしかなく、物質類はすべて現界へ残されます。 人を苦しめたりして作り上げた資産は、その家の曇りや罪穢となり、後々子孫にまでその曇りや罪穢は受け継がれていくことにもなります。 人間は欲というものを持っていますから、大金持ちになっても、もっともっとお金や物が欲しいと欲望は膨らむばかりです。 仏教に「三毒」という教えがあり、苦の本質は三毒(貪瞋痴)であり、その苦の原因を滅する方法として「八正道」があります。 「金持ちが神の国に入るより、ラクダが針の穴を通る方がやさしい」新約聖書マタイ19章23~24。

0

施設の建物云々は信者さんが幸福になってれば問題ない。 そうでないならなんのためにやったの? って感じかな。 okamanonnoさんへ そちらはみんなで活動したりとかはないのかな? 創価学会はサークルとか部活みたいな感じで色んな事をやれるからある意味青春な感じですよ。 勉強会をしたり、熱く語りあったり、時には食事をしたりとかしてます。