ここから本文です

キリスト教はユダヤ教の旧約聖書を盗用しているのですか?

yangmaskさん

2013/2/509:58:38

キリスト教はユダヤ教の旧約聖書を盗用しているのですか?

-
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210138513... の質問を受けての逆質問です。

mithreamsさんはキリスト教と新約聖書の信ぴょう性・正当性に疑問を抱き、「聖書泥棒■ キリスト教は何故旧約聖書をユダヤ教に返却しませんか」というテーマで質問されました。

しかし、私は逆にユダヤ教について以下のように質問しましたが、回答がまだでした。改めて質問を立てましたので、ご回答よろしくお願いします。



<質問①:ダニエル9章、メシアの到来について>

以前、指摘しましたが、ダニエル9章の70週の預言は成就しなかったのですか?
ユダヤ教には未だに約束のメシアが到来していないのはなぜですか?

「それゆえ、エルサレムを建て直せという命令が出てから、メシヤなるひとりの君が来るまで、七週と六十二週あることを知り、かつ悟りなさい。」ダニエル9:25。

そうではなく、「エルサレムを建て直せ」と言われた総督ネヘミヤの時代(西暦前455年)から「七週と六十二週」=69週(483年)後の西暦29年どんぴしゃで、ナザレのイエスがバプテスマを受け、公の宣教を開始したことにより成就したのではありませんか?



<質問②:現在のユダヤ教について>

また、西暦70年に神殿が破壊され、その後1900年以上も再建されていないのはなぜですか?
ユダヤ教が正当なら、彼らがモーセの律法のとおりにレビの祭司が動物の犠牲を捧げていないのはなぜですか?


どうですか?

補足「あなたの神、主はあなたの中から、あなたの同胞の中から、わたし(モーセ)のような預言者を立てられる。あなたたちは彼に聞き従わねばならない。」申命記18:5。

イスラエル人は、モーセのような預言者、「約束のメシア」の到来を待望してきました。それはダビデや他の王たちのような単に油注ぎを受けた者ではありませんでした。大祭司オニアス3世はそれほどまでに傑出した「モーセのような預言者」、「約束のメシア」でしたか?

閲覧数:
546
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mit********さん

編集あり2013/2/623:56:14

“聖書”は新バビロニアの侵攻(バビロン捕囚、ユダヤ王国滅亡、神殿の破壊)を
契機に主にユダヤ民族結集の目的で書かれた物です。多くが捕囚期以降の成立で『コヘルトの言葉』の作者もソロモンではありません。成立概要
http://www.geocities.jp/todo_1091/bible/jesus/old-testament.htm

先祖の偉業に思いを馳せる目的でソロモンの言葉も創作した訳だろうけど
大事な書を後の時代にキリスト教に「盗まれた」とするのがユダヤ教の立場。


ろばが増えたのは “旧約預言成就としてのキリスト” を描こうとした
マタイの工夫でしょう。系図をいじくり 14、14、14と揃えたのはあたかも神の計画通りキリストが誕生した様に見せるため。その為には残念ながら幾つかの代を削らざるを得なかった。

旧約になぞらえて新救世主の物語を後付けでこしらえた節がある。
イエスの元型の一つ旧約聖書のヨセフにも12人の兄弟がおり、銀貨20枚でイシュマエル商人に売られた(イエスは30枚)。ヨセフを「売ろう」と言ったのは弟のユダだった。(創世記37:27)

既存の書物の改訂版だから当たった様に見えても、後付けであり、
ユダヤ教は少しも旧約がイエスを予表していないと考えています。


質問1: ダニエルの預言
だから、イエスがAD29頃に存在した証拠が無いと言っているのです。
ヨセフス以外のイエス実在の証拠を出して下さい。
どんぴしゃも糞もなく居なかったのだから"成就しなかった"。

それに約束のメシアにしては世の中をぶち壊していて(主にパウロ思想のせい)
神の救済計画とは言えないと申し上げているのです。

質問2: 現在のユダヤ教について
ユダヤ教も情勢と必要に合わせて教義を変遷させています。
安息日を狙って攻め込まれ兵士が戦えなかったから(前2世紀)、規定を変更しようとか。キリスト教の発生もそんな変更の一つであった可能性がある。聖書が絶対の物ではないし、ユダヤ人だけが選ばれているという排他的な思想を"迷信だ"と捉えている信徒も少なくないでしょう。宗教が軋轢を生む原因であってはならず、絶対とか真理だとかに拘る必要性はないのです。ダニエル書もモーセ五書も便宜上発生した紙切れで済ませてしまえばいいのに。


私はキリスト教全体をカルトだと見ているし逆に異端とされるエホ証のあなたが
自慰やポルノを禁じよ、と言う品行方正の姿勢には大賛成だが
ユダヤ人の書いた紙に囚われている様にはがっかりします。人間の救いとは禁欲、滝行、断食などの自己の道徳的葛藤の所産であって、思想の囚人となる事ではないはずです。

-追記-
流石 kokomosky 氏。
ダニエル書も前2世紀の成立と考える学者が多いですね。「ユダヤ人に、ユダヤ人の血を思い起こす為に書いた巻物の様な気がする」 そういう"ユダヤ人の目"を意識せず旧約を読む事はできない。それが分からない集団に「盗品を早く返却しろ」と言っても罰は当たらないと思いますが。

-2-
ユダヤ人が言う “メシア” とは政治的指導者の事でダビデ、大祭司ヨシュア、ゼルバベル、ペルシャ王キュロスなどが旧約内でメシア扱いされています。1世紀では超然的な力でローマから独立を勝ち取る男のこと。無抵抗を訴え死んだ者はメシアではない、そこがユダヤ人がイエスを認めない理由の一つでもあります。黙示思想におけるメシア信仰もあるにはあったが大天使ミカエル、ガブリエル、メタトロンらと並ぶ空想上の存在としての位置付けにあったと思います。

質問した人からのコメント

2013/2/12 10:00:08

予告されていた「モーセのような預言者」は空想上のものでしょうか? しかし、結局、ユダヤ教にはそのような特筆すべきメシアたる人物は登場しなかったということですね?

それにしても、イエスの実在証拠として、なぜ「ヨセフス以外」と条件が付いているのでしょうか? ヨセフスの文書については認めているということですか? それで十分なのでは?

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kok********さん

編集あり2013/2/701:33:21

PS 補足に対して。
オニアス三世が大物かどうか論議しても何の価値も無いと思います。
ダニエル書に書かれたメシアが大物を示してるとは何処にも書かれて
いないだろうが。腐った教団が勝手に大物だと妄想してるだけだよ。
だから「油注がれし者」(ヘブライ語でマシアーハ=メシア)の意味が
全く違うんだと言ってるだろ。
ユダヤ人にとってのメシアとは、神から民を統治することを信任された
者を言います。

質問の1だけ答えると
ダニエル書と言うのは、明らかにBC165年前後のマカバイ戦争前の
エルサレムを描いているんだよ。

この油注がれし者がイエスだと言われるのだが、ダニエルの編者が
描いたメシアと言うのはマカバイ戦争の少し前に失脚させられた
大祭司オニアス3世ですよ。

その時代の歴史イベントとダニエル書との照合は
http://www.mars.dti.ne.jp/~fenot/jesus/cr_daniel_rev2.html
を観て欲しい。
------------以下そのwebからの抜粋---------
11章はアレキサンドロス大王以降シリア・エピファネスまでの、百数十年の歴史の回顧です。特に、パレスチナを交互に支配したシリヤ・セレウコス朝とエジプト・プトレマイオス朝の政治的関係を精しく顧みます。黙示文章ですので、それぞれの支配者の実名は伏せてありますが、それが誰を示すかは、当時の読者にとっては当たり前の人名でしょう。
11/2
ペルシャの三人の王の次の第四の王が隆盛を極めて、ギリシャ王国に挑戦する。
11/3-4
ギリシャの勇壮な王(アレキサンドロス)が現れて支配するが、死んだ後は子孫以外のものがこれを継承する
11/5
南の国(エジプト)の状況
11/6-20
北の王(シリヤ、セレウコス朝)と南の王(エジプト、プトレマイオス朝)とは、和睦したり婚姻関係を結んだりするが、互いに抗争を繰り返す、詳細は省略
11/21-24
北の王が倒れた後、甘言を用いて王権を得た王(シリア・エピファネス)が、契約の君(大祭司オニア3世)を殺し、悪計で勢力を増し強大になってゆく
11/25-30
やがて、北の王(エピファネス)は南エジプトに攻め入るが、決定的勝利は収められない
11/31
彼は出兵してエルサレム神殿を汚し(マカバイ上1/54)、ゼウス像を建てる
11/32-35
その王は、ユダの律法違反者を棄教させる。ユダヤ教の信者は、確固とした行動をとるが、迫害されて何人かは倒される。この人々を応援するものは多いが、実は不誠実で、本当に助ける者は少ないのだ。そして人々の指導者は殉教するが、終末はまだ来ない
11/36-45
王エピファネスはいよいよ驕り高ぶり、偶像を崇め、侵略して領土を拡張する。終わりの時がきて、南のエジプト王が、その北のシリヤ王に挑戦する。北の王は大軍をもって、南の王のエジプトを征服し、略奪する。「麗しの地」エルサレムも侵略される
それで、11/45はエピファネス王がエルサレムを宿営地とするが、彼の最期を予言して12章の予言の章へ導きます。
----------抜粋ここまで------------

細かい事はあまり言いたくないが、キリスト教徒と言うのは
旧約聖書の「油注がれし者」の意味を全く理解していないのでは
ないだろうか?
第2イザヤ書45/1にも、ペルシャのキュロス王の事を「油注がれし者」と
書かれているし、サムエル記では始祖王サウルもダビデ王もソロモン王も
油注がれし者「つまりマシアーハ(メシア)」なんだよ。
ナザレ村のアンチャンだけを「メシア」だと言ってるアホのキリスト教徒
とはその意味が全く違うんだけどねぇ

got********さん

2013/2/515:52:24

キリスト教はユダヤ教から出発したので、
旧約聖書を使うのは当然です。
質問一
イエスキリストがメシアとして出現したのに、多くのユダヤ人はこれを認めなかった。
質問二
ユダヤ人はエルサレムの神殿を再建しようとして頑張っているが、
イスラム国家に占領されて、どうにもできない。
レビ族の祭司が動物の生贄を捧げているか、いないかのことは判らない。
神殿はイスラムに殆ど占領されていると思う。

pen********さん

2013/2/510:09:40

宗教とは全人類に与えられた啓示です。
ユダヤ教もキリスト教もイスラム教、仏教もすべて等しく人間に必要な教えです。
区別することが間違いです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる