ここから本文です

相続人がいない空き家について、裁判所に選任された相続財産管理人は、建物を解体...

shi********さん

2013/2/1222:03:39

相続人がいない空き家について、裁判所に選任された相続財産管理人は、建物を解体する権限がありますか?

解体をする権限があるという場合、土地の価値が高く、建物を解体した後に土地を売ることで解体費用を上回るお金が回収できそうな場合には、解体をするほうに進むと思うのですが、建物を解体しても、土地が無接道等の理由で価値がほとんど無く、売れないと判断されるような場合は相続財産管理人が積極的に解体はしないですよね…?その場合には、最終的には自治体が代執行で解体するという道しかないのでしょうか。

閲覧数:
1,613
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

haz********さん

2013/2/1322:29:30

相続人が全くいない空き家は国の財産になります。
相続財産管理人は縁故者などその財産を相続できる人を探していなければ国庫に入れる手続きをするだけです。
国庫に入ると競売され、国から土地を購入することにより新たな所有者ができます。その人が必要なければその空家を解体するでしょう。
ただし、なかなか手続きが進まず持ち主不明のまま残ってしまうこともあります。また、国が手続きを行わずそのままになっているものも多いです。
ということで、相続人がいない空き家は国のものですので地方自治体は代執行はしません。

質問した人からのコメント

2013/2/14 19:45:44

成功 なるほど、国のもの、つまり国に管理責任が生じるいうことですね。ありがとうございました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる