ここから本文です

ラスボードとその下地の胴縁について教えてください。

fly********さん

2013/2/1421:03:19

ラスボードとその下地の胴縁について教えてください。

現在、木造在来の新築住宅の内装工事中(DIY)です。
大壁で柱・間柱に横方向に450mmピッチで胴縁を打っているのですが、
それに合わせてラスボードの継ぎ目、端(入角、出角)がくる部分にも、ラスボードに細かくビスが打てるように縦胴縁を入れるのが普通なのでしょうか?入角部分は難しいと思うのですが・・。
またそれだと、ラスボードをかなり柱間に合わせてかなりきらなくてはいけないのですが・・。
また、コンセントボックス周りも胴縁を入れとくものでしょうか?
ちなみにラスボードは9.5mmで仕上げは左官15mm塗です。
乱筆ですみませんが、宜しくお願いいたします。

閲覧数:
3,473
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zon********さん

2013/2/1517:30:00

こんにちは、DIYですか!いいですねぇ。
怪我のないように頑張って、そして家作りを楽しんでやってくださいね!

さて、拙い私の経験から(西日本の一部の地域の体験なので、参考程度に考えて下さいね。)お知らせ致しますと…。

横胴縁工法で、下地が450mmピッチならば、縦方向にも「是非」下地を入れてください。
間隔が遠いので、9.5mmのラスボードでは「かなり厳しい」と思います。
お子さんにもしも、男の子さんがいらっしゃったら、(男の子は結構力強いですから酷い事をすると。)一発で穴が開きます(笑)。
それからコンセントBOX廻りは、四辺方向共に入れておいた方が良いです。
コンセントなどの箇所も壊れ易いところです。
コンセントパネルのビスの締め付けが悪いと、結構短期間で壁の一部が壊れてきます。
コンセント抜き差しは、かなりの力が掛かるようです。

あと、下地胴縁の450mmピッチを、303mmピッチに狭めてもやはり12mmプラスターボードでないのならタテ方向の下地は必要なのかと…。
それから、左官材仕上げとの事ですが…、ジョイントテープは勿論施工しますよね?
動かないようにして仕上げないと、クラックが入って偉いことになりますよ(汗)。

私の住んでいる島根県西部では、下地板を11ミリ厚みの55mm~60mm幅の板を「ピッチ225mm」で 柱、間柱の表面に切り欠きをせずに、イキナリ釘打ちで取り付けていきます。他の地域では滅多にお目に掛かりませんから…かなり特殊な例の様です。
また、近隣の山口県内は18mm~21mm厚みの胴縁を柱、間柱に切り欠いて埋め込みながらの釘打ちですから、タテ下地は必要有りません。しかし、コンセント廻りは下地を別に組み込みます。

ここと、
http://yoshino-gypsum.com/product/kabe_nuri/kabe_nuri_pop01.html

ここを参考にしてみてください。
http://download.shikoku.co.jp/iportal/CatalogPageGroupSearch.do?met...

インターネットの情報は、私たちも結構、勉強になるんです。(ただし鵜呑みにしないこと、経験則を織り交ぜながら、複合的かつ、論理的に、科学的に考えていくと自ずと答えは出ますから…。)ただし過剰にヤルとコストのバランスが悪くなりますから。

私的には、450mmピッチで既に施工しているなら、タテに下地の追加をお勧めします。
入り隅は胴縁だけでは難しいので、胴縁と垂木の様は正方形に近い材料を併用で使った方がやり易いと思います。

ところでラスボードをお使いになるということは? YNプラスターを塗ってから京砂壁かジュラク系統塗りですか?

質問した人からのコメント

2013/2/15 20:31:20

本当にありがとうございます。かなり頼りない下地になるとこでした。縦胴縁もいれることにします。ジョイントテープも入れるつもりです、高いですがケチルとこじゃないですよね。仕上げは石灰系のものを考えてます。本当に勉強になりました。感謝です。では・・。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる