ここから本文です

通院期間180日 実質通院日数70日 任意保険の基準なら慰謝料はいくらぐらいが妥当...

syo********さん

2013/2/1820:56:59

通院期間180日
実質通院日数70日
任意保険の基準なら慰謝料はいくらぐらいが妥当ですか?

補足ちなみに過失割合は7対3ですが、自分の保険も使えますので、10対0と同じ金額が受け取れますか?

閲覧数:
19,429
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

松浦さんの画像

専門家

2013/2/1900:50:24

交通事故の慰謝料について

慰謝料は、基本的に通院期間と通院回数を基準として算出しますが、任意保険基準の場合は実質通院日数70日×2<通院期間180日の短い140日を基礎として算出します。

通院の基礎を4ヶ月+20日とした場合の、慰謝料は旧任意保険基準で、金52.5万円程度です。
因みに裁判基準・赤本(別表Ⅱ)だと、通院期間180日を基礎として金89万円程度となります。

詳しくは、下記を参考にしてください。
http://mutiuti110.jp/compensation/kizyun.html
http://jiko110.org/accident/standard.html

>ちなみに過失割合は7対3ですが、自分の保険も使えますので、10対0と同じ金額が受け取れますか?

人身傷害保険に加入している質問と思います。
人身傷害保険は、約款に記載された慰謝料の算出となりますので、裁判基準や任意保険の基準と同じではございません。
どちらかといえば、半年程度通院していると、少なくなる可能性が高いです。
しかし、それ程少なくなることは、ございません。

任意保険の基準は、裁判基準まで引き上げ交渉することは理論上可能ですが、人身傷害保険は、約款で支払われますので、不満があっても従うしか方法はございません。
人身傷害保険については、ご自身の担当者に確認された方が良いと思います。

なお、今回の回答内容は、交通事故・後遺障害の専門家である行政書士の実務経験に基づいて回答しております。
http://mutiuti110.jp/publicnotary/zidanzirei.html
http://jiko110.org/settlement/settlement.html (私の業務実績の一例です)

私(行政書士)の回答は、被害者(裁判基準)よりの立場で回答しております。
以上で、質問の回答となっておりますでしょうか。

参考になれば幸いです。
以上です。

尼崎市(大阪市)の交通事故・後遺障害専門の行政書士が回答致しました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

松浦さんの画像

松浦 靖典

行政書士

交通事故専門の行政書士です。お節介な程熱意をもって接します。

[お知らせ] 全国対応・毎月3名 限定無料キャンペーン! 後遺障害・異議申立の等級認定の可能性を無料判断 □ 傷みやしびれ等が残っているけど、申請すれば後遺症に認定される? □ 等級の認定結果が非該当だった、なんで認定されないの? やむち打ち症状...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hya********さん

2013/2/2418:20:54

尼崎の行政書士はトラブルが多いいようですね。

【お願い】最近、質問をした後、取り消したり放置する方が目立ちます。この質問に対する回答を得た場合は、放置・取消しすることなく、どれか最も参考になったと思う回答をベストアンサーに選んで完結させてください。

nyo********さん

2013/2/2000:08:18

4 尼崎の悪徳“ヤブ”行書ごときが、自分で出来もしない裁判基準を持ち出して回答していますが、もしかして“非弁行為”でもしているのでしようか?
兵庫県弁護士会から警告を受けた行書↓でなければいいのですが・・・、心配です・・・。

http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20130206ddlk28040319000c.html

相手になってトラブルに巻き込まれないようくれぐれもご注意下さい。知恵袋のこのカテでの有名人です。


rocket_code9さんのコメントにもあるとおり、“今回の回答を読んでも、自動車保険についての基本的な理解も出来ていないように思われます。” とありますが、まさにその通りです。
私には、rocket_code9さんの云わんとするこのコメントの本意が理解できますので、ホント笑ってしまいます。
保険知識さえもなく誤った回答を書き込んで営業しており、とても専門家ではありませんし、恥ずかしい限りです。約款を読んだことがあるのでしょうか・・・。これが彼の実力であり、悪徳と言われる所以です。ご注意を・・・

roc********さん

2013/2/1921:04:27

損保会社で人身事故の担当者をしています。

【補足】も拝見しております。

ご自身の人身傷害保険が使用できる状況で、ご自身の過失が3割もあるのであれば、加害者側保険会社の提案(提示)する慰謝料金額にはほとんど意味がありません。

わかりやすいように仮定の数値でご説明いたします。

例えば加害者から支払われる賠償総額(治療費・通院費・傷害慰謝料等の合計からご質問者様の過失分を差し引いた金額)が130万円であったとします。

一方、人身傷害保険の算定基準で計算した損害総額が160万円であったとします。

※人身傷害保険ではご質問者様の過失を差し引きませんので、今回のケースでは加害者が支払う賠償総額よりも高い金額となるはずです。

この場合には、ご質問者様は加害者側の保険から、合計で130万円を受領します。

※ご質問者様に直接支払われることのない(例えば)治療費などの項目も含まれていることに注意して下さい。

そして、その後、ご自身の人身傷害保険から(160-130=)30万円の支払いを受けることになります。

もし加害者側保険会社が支払う総損害額が、予想よりも低く、120万円であったとしても、その場合には人身傷害保険からの支払いが(160-120=)40万円となるだけです。

あるいは加害者側保険会社と苦労して交渉し、130万円が150万円になったとしても、人身傷害保険からの支払いが10万円になるので、苦労して交渉する意味がありません。

つまり、人身傷害保険に加入している限り、人身傷害保険の算定基準で受け取れる金額は「保証されている」というわけです。

ですから、加害者側保険会社と無用な示談交渉をする必要もありませんし、その提示(提案)内容について心配する必要もないのです。

加害者側保険会社から具体的な提示(提案)があったところで、ご自身の人身傷害保険からの支払い金額を確認し、あとは速やかに示談をして示談金を受け取ってください。

そしてスムーズに人身傷害保険の請求をなさるのがベストだと思います。


「知恵袋」で営業目的の不適切な回答をくり返していることで有名な、yc_allabout_yasmatuuraさんが、また何やら回答をしていますが、交通賠償問題についてきちんとした知識の無い人物ですのでご注意下さい。今回の回答を読んでも、自動車保険についての基本的な理解も出来ていないように思われます。


【追伸】私の回答は保険会社よりになっている可能性がありますので、他の方の回答も参考になさってください。

tan********さん

2013/2/1905:11:58

相手側及び、あなた自身が加入している保険会社に確認して下さい。
任意保険基準は、保険会社独自ですので・・・

尼崎の方が、いろいろ言っていますが、裁判基準は裁判をしたときの基準です。
裁判もせず、その様な基準を持ち出しても無理な話です。
裁判したから、必ず増額されるものではありません。
実務経験に基づく回答とは思えません。


最近、兵庫県で、弁護士法違反で警告を受けた行政書士が居るようです。
投稿サイトやホームページで、弁護士法違反の値する書き込みをしているようです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる