ここから本文です

白内障手術の事前検査で、眼科医が注射器のような細い管を、下まぶたの涙腺に入れ...

mii********さん

2013/2/2207:20:03

白内障手術の事前検査で、眼科医が注射器のような細い管を、下まぶたの涙腺に入れて水を注入し、水が鼻やのどの裏に落ちるか確認しましたが、これはどのような目的で行うのですか?

閲覧数:
819
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sam********さん

2013/2/2316:40:50

涙管注水・涙道通水検査と呼ばれるものと思います。この検査は白内障や緑内障の手術時必ず必要な検査なので、手術希望者だれでも受ける検査です。

目的は、涙道が閉塞していると、汚れた涙(膿を含んだ涙)が逆流してきて、手術で入れたメスの傷口から細菌が侵入し、炎症を起こす危険性があるためです。閉塞していた場合、閉塞を取る手術を先に受けなければいけません。

生理食塩水が喉に落ちてきたなら涙道は通っています。

参考になれば幸いです。*、 °

質問した人からのコメント

2013/2/23 19:31:07

参考になりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる