ここから本文です

前立腺がんの治療と余命に関してお聞かせください。 まず治療ですが、私はこれ...

p27********さん

2013/2/2313:29:46

前立腺がんの治療と余命に関してお聞かせください。

まず治療ですが、私はこれからホルモン注射を行うことになります。 ただ、お医者様からは抗がん剤については聞いていません。ホルモンをした上で抗がん剤を服用する、のでしょうか? 最近ではホルモンでもよい薬があると言われているから大丈夫、とは言われていますが、この点を教えて下さい。

他臓器、リンパ転移に関してはこれから検査しての結果と言われています。仮に転移していたとしても、治療等で長生きされている例はあるのですか? 教えて下さい。

閲覧数:
12,868
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/2/2416:03:52

☆ お答えします

前立腺がん治療の柱はホルモン療法ですからそれで良いと思います
これは脳に働きかけて男性ホルモンの分泌を促すホルモンの放出を妨げ
精巣から男性ホルモンが出ないようにするのが目的です
現代の医学は打つ手が多く心配は不要で余命を考える必要はありません
がんサポート情報センターによれば「進行・再発しても、10年、20年の長期生存」
を目指して生きようそして現在可能と言っていますから過度な心配は要りません
担当医師(医師団)を信頼して説明を良く聞き納得のいく治療を受けて下さい
繰り返しですが心配は要りません!。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hus********さん

2013/2/2512:03:58

前立腺がんは男性ホルモンが存在する下で増大することが分かっています。
男性ホルモンをゼロにすることで、前立腺がんが小さくなり、
増大を抑えることができることも分かっています。
非常に効果が高い治療です。
副作用もそれほど大きく問題になることもありません。

ですから、前立腺がんに対する薬物治療の第一選択としては
ホルモン治療です。

ご指摘されている抗癌剤についてですが、
前立腺がんに対しても抗癌剤があることにはありますが、
効果がそれほど高くないという問題があります。

現在はタキソテールを使ったものになります。

また、分子標的治療も他の癌であれば、投与されておりますが
前立腺がんに対しては現在のところではやはり効果は高くありません。
ペプチドワクチンもありますが、これもいまのところはいま一つです。

ホルモン治療は副作用がそれほどなく、
3か月に1度の注射+内服での治療になるでしょう。

どのくらい生きることができるかについては、
何とも分かりませんが、少なくともホルモン治療が効果があるうちは
全く問題ありません。
人によってどのくらいの期間ホルモン治療が有効かは大きく異なります。
当然PSA値が高い、他臓器への転移がある、
前立腺がんの悪性度が高い(Gleason score)の場合には
ホルモン治療が有効な期間が短くなってしまいます。

長生きというのがどのくらいの期間かわかりませんが、
治療前のPSAが1000を越えている方で
現在12年目の経過観察に入っている方もいらっしゃいますよ。

効果の期間は人それぞれです。
早い段階でホルモン治療の効果が無くなる方ももちろんいますので、
担当医とよく相談しながら治療してください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる