ここから本文です

私には全く係わり合いのないお話ですがホワイトカラー・エクゼンプション法案でも...

wer********さん

2007/1/222:43:10

私には全く係わり合いのないお話ですが
ホワイトカラー・エクゼンプション法案でもし昼夜問わずに会社のために働いてすごい開発とか業績を残しても所詮会社が査定するのであって、適切な賃金が支払われずに訴訟が増えるような気がします。
この法律は、またアメリカナイズされた政治家か、アメリカの陰謀ですか?

閲覧数:
372
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tra********さん

2007/1/301:02:31

元々、この考えは。
社員を「時間で雇う」わけでなく、「仕事で雇う」という考え方です。
そのため、仕事Aに対して対価(報酬)のB、となるわけです。
逆に言えば、仕事さえ早くこなせれば、さっさと帰っても問題がない。というもので、
本来を言えば「サービス残業」のように「仕事をしながら、報酬を貰えない」や、
「優秀な部下だからといって仕事を大量に任す」、あるいは「仕事もろくにしないのに給料だけ貰う」
こういう雇用(仕事の取り組み)の問題という【課題(目的)】に対する【手段】の1つです。

そう、スキルを持てば持つだけ。
努力すれば努力するだけ「正当な報酬を得られる」という。
自己啓発促進にも繋がるのです。
まぁ、本来の「仕事に対する報酬」とも言えますね。

本来、この制度は「きちんとした成果報酬規定」や「健康保障制度」。
他にも様々な「労働の安全性の確保」や「報酬の妥当性」などの「労働条件」が絶対に必要となります。
しかし、これをきちんと定めないままに採用すれば、どのような結果が出てくるか。
大勢の方が予想している事でしょう。

【目的】はきちんとあり、これは一概に悪い事ではないのですが、
それに対して「ホワイトカラーエグゼンプション」というのは【手段】としての1つです。
ところが現在、【目的】はおざなりにされたままで、【目的】のための【手段】ではなく、
【手段】のための【手段】となっております。
これでは、本末転倒と言えます。

きちんとした納得される制度を作り上げるまで「採用には反対」です。

また、採用された場合。現在の状態では訴訟は確実に増えるでしょうね。
そして現在「昼夜問わずに会社のために働いてすごい開発とか業績を残した社員」であったら、
1000万円貰えているなどと言うのは、凄く甘い幻想です。
これは簡単なのですが、成果報酬も数千円レベルで、特許も会社のもの。
立場は他と同じ「社員」というために、給料的に言えば周囲と変わらないためです。
もっとも、このために起こった「青色ダイオード」の訴訟や、それの類似訴訟を警戒した
「成果報酬の見直しなど」はやられております(ただし、ぜんぜん報われてませんがね)。
さらに、企業といってもその給与は千差万別です。
一部上場している企業の30歳モデルであっても、その給与は400万円代~1200万円台まで
あります。

知り合いにいる人間は、技術を開発し、自社に年間100億円、業界で言えば300~400億円
売上を出している人がいますが・・・その人自身の年間給与は500万円少し。
その務める会社の年齢相応の給与だそうです。
――報われないでしょ?

でも、彼に対して。今の状況の「ホワイトカラー・エグゼクティブ」の考え方がなにかになるかといえば
「今の状況の考え方ではなんにもならない」
ですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nrs********さん

2007/1/413:02:04

日本の法律が英語であるといういかがわしい残業代不払い法。
努力した人が報われると言う未だ事例すら不明なきれいな言葉に隠れた格差固定策の連発。
いてすごい開発とか業績と言うのも実はよくは分からない代物です。
例えば損害保険のいんちきを糾弾した社員は報われますか。

キャノンと厚生労働省が率先して試行しモデルを提示すべきと考えます。

sir********さん

2007/1/222:52:27

陰謀で、アメリカナイズでもありません。
もっとも、日本らしい考え方です。まさに、江戸時代の「殿のためなら」てな具合です。

冗談は、ともかく
”昼夜問わずに会社のために働いてすごい開発とか業績を残しても”と言うような方は、すでに、年収が、700万から1000万を超えているでしょう。なので、ホワイトカラー・エクゼンプションを、導入しても関係ありません。(管理職の方は、大概、今でも残業しても賃金に加算されていません。)

”訴訟が増えるような気がします。”←これは、正解だと感じます。
なぜなら、今の法案は、年収400万以上を対象としているからです。なので、管理職でもない
ペーペーの、サラリーマンや、サラリーウーマンが、ターゲットです。
ネ、昔の、士農工商ですよ。
生かさず、殺さず、働かす。
ネ、まさに、日本的でしょ???

i_q********さん

2007/1/222:47:48

適切な賃金は会社ではなく市場が決めます。
優秀な人は転職し、無能な人は給料削減を受け入れるしかありません。
これが資本主義の本来あるべき姿です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる