ここから本文です

ベートーヴェンの交響曲第7番と「春の祭典」

jat********さん

2013/3/1902:41:31

ベートーヴェンの交響曲第7番と「春の祭典」

今年初演二百年と百年をそれぞれ迎える両曲ですが、音楽好きの知人からこの話題があがったとき、「どうせなら二つの曲を同じ指揮者、もしくは同じオーケストラで聴きたいけど何がいい?」と言われました。自分で勝手に決めてしまうのもいいのですが、そのまえに皆様にもいろいろと案というかご意見をお聞きしてからにしようと思い今回質問させていただきました。因みに知人はクラシック好きですが聴き始めたのはここ数年で、そんなにクラシックのCDは持っていません。

ベートーヴェンの交響曲第7番と「春の祭典」の両曲を、同じ指揮者、もしくは同じオケで聴くことがあった場合、誰もしくはどこのオケを誰が指揮した演奏で聴かれますか?

よろしければお聞かせください。よろしくお願いいたします。

補足皆様の回答、たいへん参考になっていますが、カラヤンのライヴ盤は今入手困難なようなので、ちょっとこれをお薦めするのに躊躇してます。うまくいかないものです。

閲覧数:
588
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

auf********さん

編集あり2013/3/2312:06:38

まさにうってつけのアルバムがあります。

カラヤン/ベルリンフィルによる、LIVE演奏のベートーヴェン交響曲第7番と「春の祭典」がオリジナルで1枚のディスクになっているCDです。

ベートーヴェン交響曲第7番は78年、本拠地フィルハーモニーでのLIVE録音。
「春の祭典」は78年ルツェルン音楽祭でのLIVE録音です。

このディスクでしたら、同じ指揮者、同じオーケストラ、さらに1枚で両方の曲を聴くことができます。
このようなC/Wで発売されるCDは極希で、私は他に例を知りません。

ベートーヴェン交響曲第7番は、近いところでは76年のDG録音がありますが、かなり気合が入ったいかにもLIVEのカラヤンの良さを感じさせるもので、高揚感もかなり感じられます。

ルツェルン音楽祭での「春の祭典」は、むせかえりそうになるほどの熱気と、オーケストラのヤル気が凄いです。
特にパーカッション・セクションが異様に張り切っています。
カラヤンがDGに録音した「春の祭典」が2種類ありますが、一部では高く評価されているものの、他にも名盤があるためカラヤンの演奏にしてはあまり目立っていません。
でもその実かなり良い演奏で、特に旧録音での重量感などはなかなかのものだと思うのですが、このルツェルン音楽祭でのLIVE録音はさらに熱気があり、聴き応えも充分です。
そもそも「春の祭典」のメジャー・オーケストラによるLIVE録音があまり無いので、貴重なCDだと思います。
残響が豊かな録音ではありませんが、鮮明でクリア、まるでホールの前の方の座席で聴いているような雰囲気の録音も迫力が感じられます。

どなたかが、ベートーヴェン交響曲第7番が人気がない「当時」があったようなことを書かれていますが、そのようなことは知っている限りここ40年間では聞いたことも読んだこともありません。
第7番はベートーヴェンの交響曲の中でも人気の曲なのは間違いありません。

http://www.hmv.co.jp/artist_カラヤン-1908-1989_000000000213588/item_『春の祭典』、ベートーヴェン第7%E3%80%80カラヤン&BPO(1978LIVE)%E3%80%80_1873203
↑ ↑
*直リンクしませんので、一度コピペしてください。

* 補 足 *
カラヤン/BPOのLIVE盤は追加プレスされ、一時期切れ・品薄でしたがある程度は手に入るようにまたなりました。
また、都内など大きな中古CDショップではかなり余っていますし安いです。

HMV 再入荷
http://www.hmv.co.jp/news/article/907270115/

まさにうってつけのアルバムがあります。...

質問した人からのコメント

2013/3/23 20:15:12

カラヤ再入荷の情報ありがとうございました。これをまず薦めてみます。あとはショルティも伝えておこうと思います。みなさまありがとうござました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

gve********さん

編集あり2013/3/2312:46:00

この2曲は時代もスタイルも違いますが、言うまでもなくリズムを主体とした音楽である点で共通してますね。
CDではスイスのPalexaというレーベルから出ている、カラヤンとBPOのライブがこのカップリングです。ただ同じ演奏会の記録ではないので偶然の産物というべきでしょう。
実演ではヤンソンスがピッツバーグ響と来日した時のプログラムがこれだったような記憶があるのですが、どうもはっきりしません。(私はコンサートでプログラムを買う習慣がないので確かめようがありません。)

【補足を読んで】
同じディスクである必要がないのであれば、この両曲を同じオケで録音してるのはカラヤンの他はショルティ&シカゴとかアンセルメ&スイス・ロマンドあたりでなんでしょうかね。意外とないものですね。
あ、あとオーマンディ&フィラデルフィア、バーンスタイン&NYPもありました。

ami********さん

2013/3/1922:41:26

初めまして。
その昔、カール・ベーム指揮のウィーン・フィルでベートヴェンをよく聴きました。でも当時は7番の人気はさほどでもなく、飛ばしていたので原曲は聴いていません。
で、ベームの春の祭典があれば面白いのにという発想で検索してみました。
残念ながらストラビンスキーの火の鳥は見つけられましたが、春の祭典はどうも演奏しているようですが見つけられませんでした。
あったらきっと面白い組合せだと思ったのですが・・・、期待はずれで申し訳ありませんでした。

man********さん

2013/3/1904:54:30

両方の曲を同一指揮者で…となるとチョン・ミョンフンですかね。
ベートーヴェンは東京フィルの全集が、ハルサイはフランス放送フィルとの録音があります。特にこのハルサイ、最近よく聴いています。

そういえばカラヤンBPOの、ベト7とハルサイをカップリングしたライブ盤が出てましたね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる