ここから本文です

預言者「ノア」についてのご説明をよろしくお願いいたします マリア

「マリア」さん

2013/3/1910:16:55

預言者「ノア」についてのご説明をよろしくお願いいたします



マリア

ノア,箱船,ヤペテ,あなた方,預言者,エホバ,レメク

閲覧数:
561
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

薔薇さん

編集あり2013/3/2508:42:18

【聖句】

「28 そしてレメク(ノアの父)は百八十二年のあいだ生き,そののちひとりの子(ノアは、アダムが死んでから126年たった西暦前2970年に誕生)の父となった。
29 そして彼はその名をノア(休息、慰めという意)と呼んで,こう言った。「この者は,エホバがのろわれた地面から来るわたしたちの仕事と手の苦痛からの慰めをもたらしてくれるだろう」。

30 そして,ノアの父となった後レメクは五百九十五年生きつづけ,その間に息子や娘たちの父となった。
31 それで,レメクの日数は全部で七百七十七年となり,こうして彼は死んだ。
32 そしてノアは五百歳(西暦前2470年)になった。そののちノアはセム(二男 ノア502歳 西暦前2468年誕生 ヘブライ人 アジア系 メシアの家系),ハム(末子 エジプト アラビア アフリカ系) ,ヤペテ(長男ノア500歳 西暦前2470年誕生 インド ヨーロッパ系)
の父となった。

6:1 さて,人が地の表に増え始め,彼らに娘たちが生まれると,
2 そのとき[まことの]神の子ら(天から降りてきた悪霊たち)は人の娘たちを見,その器量の良いことに気づくようになった。そして彼らは自分たちのために妻を,すべて自分の選ぶところの者をめとっていった(女性たちは、悪霊との結婚を力ある者として名誉とした)。
3 その後エホバはこう言われた。「わたしの霊が人に対していつまでも定めなく働くことはない。彼はやはり肉であるからだ。したがってその日数は百二十年となる」。

4 その時代,またその後にも,ネフィリムが地にいた。それは[まことの]神の子らが人の娘たちと関係を持ちつづけ,その[娘]たちが
彼らに子(残虐な巨人 ネフィリム 悪霊と人間の美女との子)を産んだころで,それらは昔の力ある者たち,名ある人々であった。
5 そのためエホバは,人の悪が地にあふれ(反抗の霊、親切はなくむごく扱う),その心の考えのすべての傾向が終始(一日中)ただ悪に向かうのをご覧になった。

6 そしてエホバは,地に人を造ったことで悔やみ,その心に痛みを覚えられた。
7 それでエホバはこう言われた。「わたしは,自分が創造した人を地の表からぬぐい去ろう。人から,家畜,動く生き物,天の飛ぶ生き物にいたるまで。わたしはこれらを造ったことでまさに悔やむ(創造を悔やんだわけではない。余りの不敬虔さ)からである」。

8 しかし,ノアはエホバの目に恵みを得た。
9 これがノアの歴史である。
ノアは義にかなった人であり,同時代の人々の中にあってとがのない者となった。ノアは[まことの]神と共に歩んだ。
10 やがてノアは三人の子,セム,ハム,ヤペテの父となった。

11 そして,地は[まことの]神の前に損なわれ,地は暴虐(暴力、性的堕落、殺人が横行)で満ちるようになった。
12 それで,神が地をご覧になると,見よ,それは損なわれていた。肉なるものがみな地でその道を損なっていたからである。
13 そののち神はノアにこう言われた。「すべての肉なるものの終わりがわたしの前に到来した。彼らのゆえに地は暴虐で満ちているからである。いま,わたしは彼らを地と共に滅びに至らせる。
14 あなた自身のために,やに質の木の材(イトスギ 戸や柱は1,100年耐久性)で箱船を造りなさい。その箱船の中には仕切り室を造る。それを内側も外側もタールで覆わねばならない。

15 そして,あなたはそれをこのように造る。すなわち,箱船の長さは三百キュビト,その幅は五十キュビト,その高さは三十キュビト(133.5㍍×22.3㍍×13.4㍍ 長さと幅の割合(6対1) 総容積は約4万立方㍍ 3階建てのビル タイタニック号に匹敵)。
16 あなたはその箱船のためにツォハル[屋根(4%の勾配),もしくは窓]を造り,それを上方,一キュビトに仕上げ,また箱船の入口(140平方㍍近い面積を持つ開口部)をその側面に付ける。あなたはそれに下の[階]と二[階]と三[階](総面積約8,900平方㍍)を造る。

17 「そして,わたしはいま,地に大洪水をもたらして,その内に命の力が活動しているすべての肉なるものを天の下から滅ぼし去ろうとしている。地にあるものはすべて息絶えるであろう。
18 そしてわたしはあなたに対して自分の契約を固く立てる。あなたは箱船に入らねばならない。あなたも,またあなたの息子たち,妻,息子たちの妻もあなたと共に。

19 そして,あらゆる肉なるあらゆる生き物のうち,それぞれ二匹ずつを箱船の中へ携え入れ,それをあなたと共に生き長らえさせるように。それらは雄と雌である。
20 飛ぶ生き物のうちからその種類にしたがい,家畜のうちからその種類にしたがい,地面のあらゆる動く生き物のうちからその種類にしたがって,それぞれ二匹ずつが入ってあなたのもとに行き,命を長らえさせる。
21 そしてあなたは,食べられるあらゆる食物を自分のために取りなさい。それをあなたのもとに集めなければならない。それはあなたと彼らのための食物となる」。
22 それでノアはすべて神から命じられたとおりにしていった。まさにそのとおりに行なった(箱舟建設約50~60年間)

7:1 その後エホバはノアにこう言われた。「あなたとあなたの家の者たちはみな箱船に入りなさい。あなたがこの世代にあってわたしの前に義なる者であることを,わたしは見たからである。
2 あなたは,あらゆる清い獣の中から七匹ずつ,雄とそのつがいの雌を自分のもとに取らねばならない。そして,あらゆる清くない獣の中からはただ二匹ずつ,雄とそのつがいの雌を[取るように](最低43「種類」の哺乳類,74「種類」の鳥類,10「種類」の爬虫類の説と or 72「種類」の四足動物,200「種類」弱の鳥類の説)

3 また,天の飛ぶ生き物の中からも七匹ずつ,雄と雌を[取って],全地の表に子孫を生き長らえさせるように。
4 あと七日のうちに,わたしは四十日四十夜地に雨を降らせるからである。わたしは自分の造った,存在しているすべてのものを地の表からぬぐい去る」。

5 それでノアはすべてエホバから命じられたとおりにしていった。
6 そして,ノアは六百歳であったが,そのとき地に大洪水が起きた。
7 それでノア,そして彼の息子たち,妻,また息子たちの妻が彼と共に大洪水の水に先立って箱船に入った。
8 あらゆる清い獣,あらゆる清くない獣,また飛ぶ生き物と地面を動くあらゆるものの中から,
9 二匹ずつ,雄と雌がノアのところへ,箱船の中へ入った。神がノアに命じたとおりとなった。

10 それから七日後,大洪水の水が地に臨んだ。
11 ノアの生涯の六百年目,第二の月(10‐11月),その月の十七日,その日に広大な水の深みのすべての泉が破られ,天の水門が開かれた。12 そして,地に注ぐ豪雨は四十日四十夜続いた。
13 まさにその日,ノア,そしてノアの息子たちセム,ハム,ヤペテ,またノアの妻と息子たちの三人の妻が彼と共に箱船に入った。14 彼ら,そしてあらゆる野獣がその種類にしたがい,あらゆる家畜がその種類にしたがい,地の上を動くあらゆる動く生き物がその種類にしたがい,あらゆる飛ぶ生き物がその種類にしたがい,あらゆる鳥,翼のあるあらゆる生き物が[入った]。
15 こうして,その内に命の力が活動しているあらゆる肉なるものの中から二匹ずつがノアのところへ,箱船の中へ入って行った。
16 そして,入って行くもの,すなわちあらゆる肉なるものの雄と雌は,神が彼に命じたとおりに中に入った。そののちエホバは彼の後ろの戸を閉じられた。

17 そして大洪水は地の上に四十日続いた。水は増えていって箱船を持ち上げるようになり,それは地より高いところに浮かんだ。18 そして,水はみなぎって地の上に大いに増えつづけたが,箱船は水の表を動いて行った。
19 そして,水は地に大いにみなぎって,全天下の高い山々がことごとく覆われるようになった。
20 水はそれらの上十五キュビト(6.5㍍)にまでみなぎり,山々は覆われた。
21 そのため,地の上を動くすべての肉なるものは,飛ぶ生き物も,家畜も,野獣も,地の上に群れなすすべての群れも,そして人もみな息絶えた。

22 その鼻孔に命の力の息が活動していたすべてのもの,すなわち乾いた地面にいたすべてのものが死んだ。
23 こうして[神]は,地の表に存在していたすべてのものを,人から獣,動く生き物,天の飛ぶ生き物にいたるまでぬぐい去られ,それらは地からぬぐい去られた。ただノア,および彼と共に箱船の中にいたものだけがそのまま生き残った。
24 そして,水は百五十日のあいだ地にみなぎっていた。」(創5:28~7:24)


【補助的補足】

「創造の週の二日目」に,神は水を二つに分けられました。それは、大量の水が空間に浮いて地球全体を取り囲み,その間には大空,すなわち「天空」が広がっていました。(創1:6‐8)神は浮かんでいたその水(水蒸気のようなもの)を,ご自分が定めた時に地上に落とされたのです。そのために世界的大洪水が生じ,ノアの箱船にいた八人の人間を除き,地の全住民はすべてでき死しました。

「1955年,フランス人の一企業家でアマチュア探検家であるフェルナン・ナバラは,トルコ東部のアララト山で,氷河のわずかに突起した部分にうずもれている推定50トンほどの木材を発見した。発見現場は,樹木の生育限界線より千数百メートル高い,標高4,270メートルの地点で,大小を問わず,木立ちのある,もよりの場所からは500キロ余へだたっている。…その人工物件は,聖書のノアの箱船の一部である,とナバラは主張している」(1970年6月13日付,サイエンス・ニューズ紙)



【続く…】

【聖句】

「28...

質問した人からのコメント

2013/3/26 11:28:33

感謝 6その時の世は,大洪水に覆われた時に滅びを被ったのです
7同じみ言葉によって,今ある天と地は火のために蓄え置かれており,不敬虔な人々の裁きと滅びの日まで留め置かれているのです
10エホバの日は盗人のように来ます。そのとき天は鋭い音とともに過ぎ去り,諸要素は極度に熱して溶解し,地とその中の業とはあらわにされるでしょう
13[神]の約束によってわたしたちの待ち望んでいる新しい天と新しい地があります

(ペテⅡ3:5~13)

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

薔薇さん

編集あり2013/3/2610:50:33

【続き…】

【聖句】

8:1 そののち神はノアおよび彼と共に箱船の中にいるすべての野獣とすべての家畜を思い起こされた。そして神が地の上に風を過ぎ行かせると,水は収まりはじめた

2 そして水の深みの泉と天の水門とはふさがれ,それによって天からの豪雨はとどめられた
3 そして水は地から退きはじめ,しだいに退いていった。百五十日の終わりに水は少なくなっていた
4 そして第七の月,その月の十七日に箱船はアララトの山にとどまった(トルコ東部,アルメニアやイランとの国境に近。 現在標高5,165㍍だが当時はずっと低い 西暦前2369年4月)

5 そして第十の月になるまで水はしだいに減っていった。第十の月,その月の一日に山々の頂(西暦前2369年6月半ばに頂き)が現われた

6 それから四十日の終わりになって,ノアは自分の造った箱船の窓を開けた
7 そののち一羽の渡りがらす(順脳性 賢い鳥)を放ったが,それはずっと外を飛びつづけて,水が地から乾くまで行ったり来たり(箱舟を)していた
8 後に彼は,水が地の表から引いたかどうかを見るために,一羽のはと(3回)を自分のところから放った
9 だが,はとはその足の裏をとどめる所をどこにも見いだせなかった。こうして水がまだ全地の表にあったため,それは彼のところへ,箱船の中へ戻って来た。そこで彼は手を出してそれを捕まえ,自分のところへ,箱船の中へ入れた
10 そして彼はさらにあと七日待ってから,もう一度そのはとを箱船から放った

11 その後,はとは夕方ごろに彼のところへやって来たが,見よ,むしり取ったばかりのオリーブの葉がそのくちばしにあった。それでノアは,水が地から引いたことを知った
12 そこで彼はさらにあと七日待った。それからそのはとを放ったが,それはもはや彼のところへ再び戻っては来なかった
13 さて,第六百一年,第一の月,その月の一日(西暦前2369年9月半ば)に水は地からはけていた。そこでノアが箱船の覆い
を取りのけて見ると,いま,地の表は[水が]はけて乾いていた
14 そして第二の月,その月の二十七日に,地はすっかり乾いていた(西暦前2369年11月半ば)

15 そこで神はノアに話してこう言われた
16 「あなたは,そしてあなたの妻,息子たち,息子たちの妻も共に,箱船から出なさい(太陰暦の1年と10日間-370日間箱舟の中)
17 あなたと共にいるあらゆる肉なるあらゆる生き物を,飛ぶ生き物も,獣も,地の上を動くすべての動く生き物も,あなたと一緒に携え出しなさい。それらは地に群れ,子を生んで地に多くならなければならない」
18 そこでノアは外に出,彼の息子たち,妻,息子たちの妻も共に[出た]
19 あらゆる生き物,あらゆる動く生き物とあらゆる飛ぶ生き物,すべて地の上を動くものは,その種族にしたがって箱船から出た
20 それからノアはエホバのために祭壇を築き,すべての清い獣とすべての清い飛ぶ生き物の中から幾らかを取って,祭壇の上で焼燔の捧げ物をささげはじめた(家長ノアは神に「安らぎの」(なだめの,静める)感謝の犠牲を捧げる)


21 それでエホバは安らぎの香りをかぎはじめられた。そしてエホバはその心にこう言われた。「二度と再びわたしは人のゆえに地の上に災いを呼び求めることはしない。人の心の傾向はその年若い時から悪いからである(身体的な弱さ,生活環境,生い立ち,知識不足,情状酌量を神は考慮)。二度と再びわたしは自分が行なったとおりにあらゆる生き物を撃つことはない
22 地の存続するかぎり,種まきと収穫,寒さと暑さ,夏と冬,昼と夜は決してやむことはないのである(資源不足や地球滅亡はないという神の約束)」

9:1 次いで神はノアとその息子たちを祝福してこう言われた。「子を生んで多くなり,地に満ちよ。
2 そして,あなた方に対する恐れ,またあなた方に対するおののきは,地のあらゆる生き物と天のあらゆる飛ぶ生き物,地面を動くあらゆるもの,また海のすべての魚に引き続きとどまるであろう。それらは今あなた方の手に与えられる
3 生きている動く生き物はすべてあなた方のための食物としてよい。緑の草木の場合のように,わたしはそれを皆あなた方に確かに与える
4 ただし,その魂つまりその血を伴う肉(メシアが全人類のために体を引き渡し血を流すことに焦点)を食べてはならない
5 さらにわたしは,あなた方の魂の血の返済(神は殺人者に死刑認可)を求める。すべての生き物の手からわたしはその返済を求める。人の手から,その兄弟である各人の手から,わたしは人の魂の返済を求める

6 だれでも人の血を流す者(殺人)は,人によって自分の血を流される。神は自分の像に人を造ったからである
7 そしてあなた方は,子を生んで多くなり,地に群がってそこに多くなれ」
8 さらに神はノアおよび共にいるその息子たちにこう言われた
9 「そしてわたしはいま,あなた方およびあなた方の後の子孫に対してわたしの契約を立てる

10 また,あなた方と共にいるすべての生きた魂に対しても。鳥,獣,あなた方と共にいる地のすべての生き物,箱船を出るすべてのものから地のあらゆる生き物にいたるまで
11 まことにわたしはあなた方に対して自分の契約を立てる。すなわち,もはやすべての肉なるものが大洪水の水によって断たれることはない。もはや大洪水が起きて地を滅ぼすことはない」
12 加えて神はこう言われた。「これは,わたしとあなた方およびあなた方と共にいるあらゆる生きた魂との間に,わたしが代々定めのない時に至るまで与える契約のしるしである
13 わたしの虹(洪水で滅ぼすことはしないという神とノア、その子孫との「虹」の契約)を,わたしは雲の中に確かに与える。それはわたしと地との間の契約のしるしとなるのである

14 そして,わたしが地の上に雲を起こすと,そのとき虹が必ず雲の中に現われるようになるであろう
15 そしてわたしは必ず,わたしとあなた方およびすべての肉なるもののうちのあらゆる生きた魂との間の自分の契約を思い出す。もはや水が大洪水となってすべての肉なるものを滅ぼすことはない
16 それで,虹が雲の中に生じることになる。わたしは必ずそれを見て,神と地にいるすべての肉なるもののうちのあらゆる生きた魂との間の,定めのない時に至る契約を思い出すであろう」
17 そして神は繰り返してノアに言われた,「これは,わたしと地にいるすべての肉なるものとの間にわたしが確かに立てる契約のしるしである」

18 そして,箱船から出たノアの息子たちはセム,ハム,ヤペテであった。ハムは後にカナンの父となった
19 これら三人がノアの息子たちであり,これらから全地の民が広がった
20 さて,ノアは農夫として暮らし始め,ぶどう園を設けるようになった
21 そして彼はぶどう酒を飲みはじめてそれに酔い,そのために自分の天幕の中で身をあらわにした
22 後にカナンの父ハムは自分の父の裸を見(裸を見るとは近親相姦行為,もしくはその他の性的行為。ノアの無意識状態の性の倒錯行為にハムが性行為をしようとしたか、したか)外にいる自分の二人の兄弟にそのことを告げに行った(ノアとハムの倒錯行為を伝えてしまった)
23 そこでセムとヤペテはマントを取り,それを自分たち二人の肩に掛けて後ろ向きに入って行った。こうしてふたりは父の裸を覆ったが,そのさい顔は背けたままで父の裸を見なかった
24 ついにノアはぶどう酒[の酔い]から覚め,一番年下の子が自分に対して行なったことについて知った

25 そこで彼は言った,
「カナン(ハムの子孫)はのろわれよ
自分の兄弟たちに対する最も卑しい奴隷となれ(子孫はアフリカ系、神ののろいは経年の奴隷制度?)」
26 加えて彼はこう言った
「セムの神エホバがほめたたえられるように
カナンは彼に対する奴隷となれ。
27 神がヤペテに広やかな所をお与えになるように
彼はセムの天幕に宿るように。
カナンは彼に対しても奴隷(経年のアフリカの奴隷制度?)となれ」
28 そしてノアは大洪水ののち三百五十年生きつづけた
29 それで,ノアの日数は全部で九百五十年となり,こうして彼は死んだ

10:1 そして,これがノアの子,セム,ハム,ヤペテの歴史である
さて,大洪水ののち彼らに子が生まれるようになった
2 ヤペテの子らは,ゴメル,マゴグ,マダイ,ヤワン,トバル,メシェク,ティラスであった」(創8:1~10:2)


【イエスが述べた現在のノアの日のよう…】

「神の王国は際立って目につくさまで来るのではなく,
 また人々が『ここを見よ!』とか『そこを!』とか言うものでもありません。見よ,神の王国はあなた方のただ中にあるのです」
出て行ったり,その後を追いかけたりしてはなりません
稲妻は,そのひらめきによって,天の下の一ところから天の下の別のところに輝きわたりますが,人の子もちょうどそのようだからです
しかし,彼はまず多くの苦しみに遭い,この世代から退けられねばなりません
また,ノアの日に起きたとおり,人の子の日にもまたそうなるでしょう
人々は食べたり,飲んだり,めとったり,嫁いだりしていて,ついにノアが箱船の中に入る日となり,洪水が来て彼らをみな滅ぼしました
また同じように,ちょうどロトの日に起きたとおりです。人々は食べたり,飲んだり,買ったり,売ったり,植えたり,建てたりしていました
人の子が表わし示されようとしている日も同様でしょう
「その日,屋上にいる人は,家財が家の中にあっても,それを取りに下りてはならず,野に出ている人も,後ろのものに戻ってはなりません
だれでも,自分の魂を自分のために安全に守ろうとする者はそれを失い,一方,それを失う者は,それを生き長らえさせるのです
36 ――(イエスの涙)
そこで,彼らはこたえて言った,「主よ,どこでですか」。[イエス]は彼らに言われた,「死体のあるところ,そこには鷲も集まっているでしょう」
常に祈り,かつあきらめてはならない…」(ルカ17:20~18:1)

【続き…】

【聖句】

8:1...

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる