ここから本文です

弁証法?

kin_tama_dekaiさん

2007/1/503:16:47

弁証法?

弁証法を分かりやすく説明してください。お願いします。

閲覧数:
141,592
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2007/1/511:21:46

弁証法とは、いろいろな解釈がありますが、基本的には議論に於ての解釈に使われていると考えます。

例えば、
「テーゼ(定義)=1つの意見」を主張しまして、
それに対して反対の意見が出てきますよね。それを「アンチテーゼ(反対の定義)」と言います。
そして、2つの意見から、新たな高次元な見識「ジンテーゼ(総合)=1つの結論」が生まれます。
この時に、より高次元の見識に達する事を、「アウフヘーベン(止揚)」と言います。

要するに、議論を行って、より高い次元の結論を出すと言う方法論の事です。

「弁証法」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2007/1/621:02:22

弁証法とは、確かに、何人かの方が、その名前を使ったので、一概に答えることは出来ないのですが、
哲学で弁証法と言えば、一般的にはヘーゲルを指しますので、
ヘーゲルの弁証法を説明します。

ここに物体Xがあります。これを「リンゴ」と名付けます。しかしXは、ミカンとも名付けられたはずです。
つまり物体Xは、「リンゴ」でもあり「ミカン」でもあるわけです。これは単なる呼び名の話ですが、
別の例で言うと「赤」にしても、赤い車、赤い夕焼けと異なるし、同じ「人間」でも皆、別人です。
この様に「Aは、Aではなく、非Aでもある」というのが主張です。
つまり私達は同じ人間であると同時に、個々人でもあるというのです。

難しいので、もう少し例を挙げます。
物体Xは、どんな名前も付ける事ができますよね。リンゴでもいいし、ミカンでもいい。
では、ここに赤があります。これは物によって、「赤い車」「赤い夕日」だったりします。
次に人を考えて見ます。貴方は人ですよね。でも貴方自身でもありますよね。
つまり貴方は、貴方であり、人(非貴方)でもあるわけです。
赤は、赤であり、非赤(赤い車、赤い夕日)でもあるのです。

続けます
そして人間(客観)と個々人(主観)の矛盾は、合わさる必要があります。
(上の例では、貴方と人を、合わせるということ)
それは主観と客観の同一性です。有名な正・反・合です。
これが弁証法ですが、よくある間違いで、“合”が次の“正”にはなりません。
導かれた合という答えが、先の人間の話で「存在」だったとすると、「存在」を正にして、反を主張し、合を導く事は出来ません。なぜなら合が正に格下げするからです。
しかしながら、ヘーゲル自身は著書の中で格下げをしており、現在の学者は、これを誤りと指摘しています。

これも難しいので、例を挙げます
花は、花自身を否定して、実になると考えられます。何故なら…
花(A)は、花でないもの(非A)でもあります。というのも、花が花でしかなかったら、永遠に“花”のままだからです。
花は、今の状態を保持するのでなく、枯れたり、実になったりしますね。
どうして枯れたり、実になったりするのでしょうか?
それは生物学的な理由があるのでしょうが、とりあえず何か原因がありますよね。
それをヘーゲルは、非花(花自身の否定)と呼んだわけです。
つまり花は、花でもあるし、非花でもあります。
この非花(花自身の否定)があるから、花と合わせて(正・反→合の“合”ですよ)、実になれるわけです。

この様な考えを、弁証法と呼びます。


なお蛇足ですが、ヘーゲル弁証法の結論は、次のようになります。
弁証法の最終結論は、存在の根源(別名で世界・神と呼ばれるもの)が、絶対無である事を証明するものです。
例えば私達が世界について知ろうとしても(正)、知らない一部分が既知になるだけです。
これは、まだ知られない世界がある(反)事を意味しており、この知らない世界がある(世界が絶対無である)事に気付くこと(合)が弁証法の結論です。

これも例を挙げますと
「花は、花自身を否定して、実になる」
 ↓
「世界を知る事は、まだ知らない世界を否定して、新しい世界(知らなかった世界)を知る事になる」
という考えです。
この「まだ知らない世界」がある事に気付く事が、存在の根源(神)だとしたのが、
最も高次の結論である「神」を知る事が、最終結論とされます。

2007/1/510:14:40

弁証法 (べんしょうほう、ギリシア語διαλεκτική、英語dialectic) とは、哲学の用語で、現代において普通にいわれるときには、ほとんどがヘーゲルやマルクスの弁証法を意味し、世界や事物の変化や発展の過程を本質的に理解するための方法、法則とされる(ヘーゲルなどにおいては、弁証法は現実の内容そのものの発展のありかたである)。しかし、この言葉を使う哲学者によって、その内容は多岐にわたっており、弁証法=ヘーゲル・マルクスとして全てを理解しようとするのは誤りである。(ウィキペディアより)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%81%E8%A8%BC%E6%B3%95

上記サイトにあるように、弁証法と言ってもさまざまな形態があります。弁証法についてはたくさんの書籍があるので、掘り下げて理解したい場合はそれらの文献を参照してください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。