ここから本文です

生活保護ギャンブル禁止条例が 兵庫県の小野市で決定した事ですが、生活保護の係員...

hid********さん

2013/3/2522:59:26

生活保護ギャンブル禁止条例が 兵庫県の小野市で決定した事ですが、生活保護の係員が生活保護受給者の顔に撮影する予定がありますか?

閲覧数:
216
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2013/3/2700:45:48

これ、凄い勘違いです。生活保護費は普通の生活でパチンコが出来るほどお金は貰えません。
パチンコをしている方は、何かの費用を削っています。
一番、節約できるのは食費です。
でも、月に1、2回行けば、お金は無いでしょう。
問題になっているのは生活保護費の増加で、パチンコを禁止しても、保護費の負担は減りません。
単純に住民の税金でギャンブルをするのはけしからんという感情論で条例が制定されました。
パチンコ店は通常夜の10時まではやっていますので、保護課の職員の時間外手当が増えるだけで、かえって、生活保護費以外の生活保護者の監視費用が増えるだけで、自治体の予算にはデメリットなんですよね。
公務員は給料が増えるので、喜ぶとは思いますが。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rir********さん

2013/3/2823:29:17

最後のほうでよくわからないところがありますが、そんな予定はないんじゃないかな。そうそう、雇用保険もらってる人、障害年金もらってる人、戦争いってお金もらってる人、宝くじにあたった人、年金もらってる人はギャンブル禁止、写真撮影すればいいんじゃない。生きずらいね。

yoa********さん

2013/3/2700:02:59

小野市は知りませんが、他の自治体では既に実施しているところがありますよ。 ギャンブルするほど、貰っていないはずですから、不正受給者でしょうけど。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる