ここから本文です

オートバックスとイエローハットは

komenukayasaiさん

2007/1/912:47:09

オートバックスとイエローハットは

オイル交換とか車の修理点検を依頼するのに、オートバックスとイエローハットを比較した場合は互角でしょうか。
点検内容とかタイヤの更新などで、明らかに差がある分野もあるでしょうか。

閲覧数:
134,397
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2007/1/922:31:44

イエローハットの利点はなんと言っても安い事。
オートバックスより1割くらい安い事はザラ。
ただし、店員、メカニックの質が激しすぎる事が難点。
全部店員任せにするとイタい目を見ますよ。

車検の見積をお願いして、ディーラーや他のカーショップや整備工場と比較しても安かったので依頼したら、
車検終了後の支払の時点で、見積の3倍近い金額を請求してきたのです。
見積の時に交換部品は低グレード品の価格で回答し、実際は最上級グレードの価格を請求する
(品番は要求したグレードの番号を記入)。
事前点検を「無料サービスです」と言っておきながら、後でがっちり「点検料」で請求してくる。
こちらの望んでいない追加整備を勝手に行い、その料金を請求してくる。
見積をした店員と請求してきた店員、メカニックを、他の客に聴こえる程の大声で店員を説教すると、
店員が逆切れしてきたので「詐欺だ、警察を通す」というと店長がでてきて平謝り。
あまりにも気分が悪いので、本社サイドにクレームを出すと、詫び状と割引券が送られてきて、
その店の店長さんと、説教かました店員は消えました。

この教訓から、イエローハットでは信用できる店、及び店員、メカニックを探してから、作業を依頼する事にしました。
注文する時に話しかけて質問攻め、回答ができない様な店員、自分の主張ばかり押し付ける店員がいる店は利用しない。
こちらの質問、要望を聞いた上で、理由ある説明、積極的な提案をしてくれる店員、メカニックの名刺を貰い、
その方達が出勤している日を確認した上で、注文、作業を依頼する様にしましたね。

最近はイエローハット全体で教育したのか、オイル交換後はオイルの色と量、ドレンボルトのトルクレンチに因る締め付け確認、
ホイール脱着後はトルクレンチに因るナットの全数締め付け確認を、客と共に行う様にはなっている様なので、
致命的な作業ミスに因るクレームは起こりにくくなっているのかもですが、ね。

質問した人からのコメント

2007/1/15 14:49:12

降参 ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2007/1/917:48:40

オートバックスとイエローハットは、やはりそうとう性格が違うと思います。
個人的には以下のようなイメージです。

◆オートバックス
茶髪店員の人口比率が高い
タメ口が多く、日本語・敬語も変
一見して馬鹿そうな兄ちゃん姉ちゃんが多い
作業も人間のレベル以上にはなり得ない

◆イエローハット
どの店も店長に会うと、納得の人物
社長が『履物をそろえる』事から始めようと呼びかけているという噂
店員は特に優秀とも思わない。
ただし、上記の通り店長はまともなのでイザというとき対応が違う


>点検内容とかタイヤの更新などで、明らかに差がある分野もあるでしょうか。

オートバックスは、タイヤ交換でもインパクトレンチでナットを締めています。
よく破損事故を起こしています。
でも、マニュアルどおり商品券を渡して終了。
イエローハットは締めるときはトルクレンチを使うように車内ルールで決まっています。
こういう部分でも差がありますね。


ちなみに、店舗数は少ないですが、ジェームスというカー用品店は例外的に作業が優秀です。
トヨタ系列ですが、顧客に対する最前線の窓口として、トヨタも差をつけているようです。
オイル交換一つでも、丁寧さが違います。
それを知ってから僕はジェームス一本ですね。

・・・・・・・と言っても、店や担当者によります。
ジェームスの光が丘店は、やる気のない店員ばかりで不愉快です。
大きな町の、いかにも系列の最前線といったお店なら、おそらく力を入れているでしょう。
店員も優秀です。

2007/1/917:25:02

オートバックスもイエローハットもオイル交換ぐらいならば差は無いと思いますが、修理点検ともなればきちんとした修理工場やディーラーなど行くことをお勧めします。

ek430430さん

編集あり2007/1/1322:48:23

オートバックス(AB)本部とイエローハット(YH)本部は全く別の組織で同じ会社であった事は一度も有りません。
 ※オートバックスの本部名 ⇒オートバックスセブン

 ※イエローハット本部名⇒イエローハット 旧社名 ローヤル(カー用品の卸商)

本部直営店はイエローハットが社員教育が優れてしっかりした社員が多い様に思います。
フランチャイズの社員さんは同じレベルです。

どちらもカー用品店と言う性格状、土日の為に社員やアルバイトを確保していますが、月~金は余剰人員になります。
オートバックス⇒直営、FC共に月~金出勤しても休憩を決め込み店内清掃もおざなりです。カタログ整理、のぼりの取り付けは納入業者にお任せです。時にはプライスまで業者に書かせます。
オートバックスしか知らない元社員は楽が身につき他社に再就職後に苦労しています。
YHのFCにもこの傾向が有ります。

イエローハット直営⇒月~金出勤して休憩を決め込み様な事は無く、販促品を自ら発砲スチロール板で製作、のぼりの取り付け、カタログ整理を、店内清掃を行います。
※カタログ整理、のぼりの取り付けを納入業者にお任せは絶対にしません。納入業者に任せると自社の販促物で店頭および駐車場をいっぱいにされる事を嫌います。

編集あり2007/1/916:38:10

どちらも同じぐらい・・・・大したこと無いですよ。

どちらの店にも限らず、たまに「スペシャリスト」が居る場合が有ります。
その場合はその人がその店のレベルを引っ張り上げるのでレベルの高いショップがあるのも事実です。

kaaandkeeさん

2007/1/912:58:06

暮れにタイヤを買おうとオートバックスに行き
セールのタイヤを買おうと店員に聞いていたら
高いタイヤを奨めるので「私はこのタイヤがほしいんです」と言うと
プイッとどっかに行ってしまいた。それもずーとタメ口。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。