ここから本文です

インプラント ブリッジ 入れ歯についてアドバイスをお願いします。

pap********さん

2013/3/2714:39:43

インプラント ブリッジ 入れ歯についてアドバイスをお願いします。

まず初めに・・・知恵袋などでも同じような質問がありましたが、対象となる歯の部分や背景によってもお勧めが変わってくるかと思い質問させていただきます。
現在29歳の営業マンです。
先日歯医者で抜歯宣告を受けました。私には遺伝子の関係?(最近多いみたいですね・・・)で永久歯が生えてこない歯が一本あり、中学の時に乳歯が抜けないようにと銀歯のかぶせみたいな物をかぶせていました。しかし段々と乳歯の根っこも少なくなりとうとう虫歯になりかけているとのこと。今の所すぐに治療を開始する必要はないがインプラントかブリッジを考えないといけないと言われました。
ちなみに歯の位置は下の中心から5本目の歯(左側)で犬歯の一個奥です。、乳歯にかぶせているので背が低い事が幸いし笑っても人からはあまり見えない。しかも基本右で噛む癖があり食べる際もまったく不自由ありません。まぁどっちが先かはわかりませんが(^^;)

以上をふまえ、インプラントとブリッジと入れ歯を検討するにあたりどれがおすすめでしょうか?

コスト面、維持管理、見た目、リスク、優先順位、長期的な目線など色んな視点からアドバイスいただければ嬉しいです。

個人的にインプラントについてはコスト面と安全性、維持管理などが心配です。
ブリッジは健康な歯を削る事、両サイドも虫歯になりやすい?見た目などが気になります。
入れ歯は・・・・毎日の手入れと見た目です。

よろしくお願いします。

閲覧数:
6,976
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tan********さん

2013/3/2912:45:12

大塚美容整形外科
http://www.otsuka-biyo.co.jp/i/
こちらで専門家が無料で治療.施行.費用についてメールかTELで相談してます。
お大事に。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jap********さん

2013/4/101:07:38

審美的な事を考えるのであればインプラントがよろしいかとは思います。
ブリッジは左右の健康な歯にも負担がかかりますので、おっしゃられる通り、長期的なリスクとして支えるための歯をも駄目にしてしまう事が考えられるためです。

インプラントは自費診療であり高額ですからご決断が必要ですが、名医を選択すれば良い結果が期待できます。
もし、ご予算に余裕があるのであれば、インプラントをお薦めします。

あと審美面ばかりを追求しすぎて機能性を考えなければ、すぐに折れてしまうような歯を入れられてしまいます。
メーカー側の説明書を見ながら治療をしている歯科医も居ますのでその辺りは要注意です。

少しでもお力になれれば幸いです。

歯科ジャーナリストより

dh2********さん

2013/3/2715:31:19

1、ブリッジ
利点
•固定式のため、ほとんど装着感がありません。
•人工歯の素材によっては保険適用内で治療できます。

欠点
•連結した人工歯を支えるため、両隣の健康な歯を削らなくてはなりません。
(保険内での治療の場合、歯の土台となる金属が唾液によって溶け出し、歯肉が色素沈着を起こすことが多く見られます)
•健全な歯を削るということは、歯を長く健康に機能させるという点において、非常に大きなデメリットです。
•歯を支える歯根の数が通常より少ないので、その歯根には咀嚼時の負担が大きくかかります。
•欠損部の歯肉がやせると、ブリッジとの間に隙間ができ、発音時に息が漏れることがあります
•審美的なブリッジにすると保険適用外となる

2、入れ歯
利点
•一般的な治療方法なので、非常に多くの歯科医院で治療を受けることができます
•素材によって保険内で治療できます
・一番体には優しい

欠点
•装着時に異物感があり、発音が阻害される
•食事の際の味覚や触感が損なわれる
•咀嚼効率が悪く、天然の歯に比べて二分の一から三分の一程に落ちます。
•安定のため金属のバネをかける必要があり、お口をあけたときに金属が見えることがあります。

インプラント
利点
•自分の歯と変わらない感覚で噛む事ができ、異物感がない
•周りの歯を傷つけない
•1歯欠損から全歯欠損まで対応可能
•見た目の仕上がりが自然

欠点
•外科的な治療が必要になります(抜歯程度です)
•インプラント治療を行っている医院がまだ少ない
•糖尿病などの疾患がある場合、インプラントができないケースがあります
•治療期間が他の治療に比べて長い(治療期間中は仮歯を使えます)
•保険適用外で治療費が自己負担になります(医療費控除を受けられます)
・定期的なメンテナンスが必須、自分の歯よりも歯周病になりやすい。

コスト・維持管理・リスク・長期的にみればどれも安心できるのは入れ歯です。

そして、見た目がきになる部分も自費の部分入れ歯を選択すれば、バネなどの金属を使わない

入れ歯を選択できます。

インプラントは、歯科医院と、歯科医師を見極めなければいけませんが、審美を優先させるならこれです。

ブリッジも、両隣にかかる負担を考えればあまりおすすめできません。

よく考えてお決めになってください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる