ここから本文です

プラチナデータの映画版での原作との変更点を教えてください。一応水上教授が原作...

cal********さん

2013/3/2809:19:58

プラチナデータの映画版での原作との変更点を教えてください。一応水上教授が原作では男性だというのは知っているのでそれ以外で

閲覧数:
803
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mar********さん

編集あり2013/3/2818:40:08

私も相違点が気になり、観る前にいろいろ調べてみました。以下、(かなりネタバレで)前の方に付け加えると…



・映画では本来の人格がリュウであったが、原作ではリュウが最後に消えている。
・陶芸家である父の死んだ理由が神楽。
・プラチナデータという言葉を早々に口にする。
・リュウの描いた画が父親の手であるという事が早々にわかる。
・反転剤を利用せずに、人格が変わる。
・逃走劇が多め。
・原作に出てくる陶芸家達は出ない。
・浅間はアトリエではなく特殊解析研究所でモーグルを開く。
・水上の事件を起こした理由が、原作は世界を変え人の心を操るものをつくりたかったから、映画では天才と天才のDNAを掛け合わせた人間を作りたかったから。
などです。かなり多いようなので、実写版は実写版として観ると面白いそうですよ。

質問した人からのコメント

2013/3/29 05:52:42

ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

exx********さん

2013/3/2814:10:45

今思いつくだけで、ですが…

映画では、蓼科早樹についてスズランの設定がなかったところ。

原作では、最後リュウの人格が残ったところ。

映画では、電気ドラッグ絡みの事件をまったく扱ってないところ。

映画では、白鳥が最初から研究室で勤務しているところ。

…今はそんな感じです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる