ここから本文です

弓道の中仕掛け(仕掛け)について。

kimagure207さん

2013/3/2821:35:17

弓道の中仕掛け(仕掛け)について。

中仕掛けを切れ弦から作る(ほぐす?石鹸で煮る?)
ことができると聞いたことがあるのですが、
詳しいことを知っている方はいらっしゃいませんか?

閲覧数:
3,477
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

編集あり2013/3/2915:47:07

今は中仕掛けは何で作っているんですか?

他の回答者様が紹介しているような麻弦でなくても、普通の合成繊維の弦も切れた弦を適当な長さ(10~15センチ前後)に切って、それを細く割けば中仕掛けに使えます。
私の部活ではこれを「さきイカ」と呼んでいました。
まさしくさきイカを割くようにして使います。
割いてから更に爪でしごいて柔らかくします。
なるべく細く割いたほうが使いやすいです。

麻弦の切れ弦で作った中仕掛けと合成繊維の弦で作った中仕掛けの違いは、麻のほうが柔らかく出来るので矢番えの時に「パチン」という音がしにくいのと、角筈と言って水牛の角やラクダの骨の筈を使っている場合は割れにくいというメリットがあります。
しかし、耐久性は弱い=矢数を掛けるとすぐにほつれてくる、プラ筈なら割れる事も無いので、学生は合成繊維の弦の切れ弦で作った中仕掛けのほうが良いと思います。

また、麻弦の場合は切れにくくするためにくすねをしみこませてあるので、くすねを取るために水に漬けたりする作業が必要ですが、合成繊維の弦はくすね自体を遣いませんので、漬けたり煮たりする作業は不要で楽です。

質問した人からのコメント

2013/4/4 22:18:39

いまは、響Rや金龍の付属の中仕掛けを使っています。
飛天ほ中仕掛けは使いにくい・・・

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tetu111213さん

2013/3/2821:51:08

いまから30年前は、麻弦(本弦)を水に2日か3日ほど漬け込み油抜きした物を乾燥させたものをほぐして作ってましたよ。
今は科学繊維が多いこととなかなか本弦が手に入らない、あるいは高いので、弓具店で買ってますが…。

2013/3/2821:39:45

弓道やってます。まだ初めて二年という初心者ですが・・・。

切れ弦からほぐして中仕掛けを作っています。
しかし、作り方を覚えていないので調べてみましたら、良いサイトがあったので貼っておきます(*^_^*)

http://10900.at.webry.info/201209/article_3.html

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。