ここから本文です

速読

miiandbooさん

2007/1/1313:28:44

速読

速読に興味があるのですが、実際に学校や家でテキスト・DVDなどで学んで上達した人はいるのでしょうか。また、その際に読むだけだなく、きちんと記憶・理解しているのでしょうか。
実際に速読を学んだ経験者の方で成功した勉強法、また失敗した経験談などがありましたら、教えて欲しいと思います。

閲覧数:
11,388
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

imoken1961さん

編集あり2007/1/1321:59:41

>その際に読むだけだなく、きちんと記憶・理解しているのでしょうか。

 それは読む内容によりますよね。例えば普通に読んでも難解な哲学・法律・数学の論文などの論文を速読で理解できるとすれば、それはもう神の領域です。もちろんそんなことはあり得ません。

 速読でよく理解できるというのは、小説レベルの文章のことです。速読の場合には、ある程度長い文章を一気に読みますので、訓練すれば、その文章の大意を理解し易いということは言えます。長い文章をちまちまと読んでいると、気が散りやすく、それに比べれば速読で読んだ方が大意をつかみ易く、同時に記憶に残りやすいでしょう。速読で細かい情報まで良く覚えている人もいますが、それは術者の個性だと思います(即ち、もともと記憶が良いタイプ)。

 速読のノウハウ本がちまたに出回っていますが、それらはたいてい趣味で小説や新聞に目を通すレベルのことを前提としています。それはそれでいいのですが、それを試験勉強や仕事にそのまま当てはめると大失敗します。

 例えば私は多枝選択式の問題(次の枝のうち正しいものはどれかという問題)に速読技術を応用したことがあります。速読は文字を一字一字凝視せず、一文をぼんやりみて大意をつかむというのをコツの一つにしています。例えば「私は学校へ…」という文が目に飛び込んできたら、前後の文章から「行きました」であるときには、あえてその部分を凝視せずに次の文に移るのです。しかしこの方法を間違い探し問題に応用するのは最悪です。この種の問題は文章の隅々まで凝視し、間違いをしっかり確認しなければならないからです。いくら問題文を早く読む必要があってもこの場合には速読術は使えないのです。普通の小説や新聞などは読者をだますことを目的としておりませんから、そうした文章を読むための技術を、意図的に間違いを含む文章に適用するのは無理です。

 普通の長文読解の場合には、速読術が利用できます。大まかに大意を掴み、重要なことを後で読み返して題意に答えることになるでしょう。それからレジメ形式(ノート1枚~2枚に学習要領の要点をまとめたもの)の資料を覚えると場合にも、速読術は効果があるでしょう。受験の上級者は速読術を学んでなくても、それに近いことをやっています。一旦大まかに理解した後には、何度も何度もそのレジメ本を回して(最初から最後までフルスピードで読み返して)、忘れる前に復習するのです。これも人間は覚えてから1~2日で記憶の半分を失うといわれていますので、そのスパンが経過する前に同じところを読み返すということを続ければ、記憶した事項の安定度は格段に良くなります。

 速読により理解力が上がると言っても、それは普通の小説レベルの文章に対する理解力です。学校教育での勉強では、それより一段上の理解が必要とされます。速読により理解力が向上するというよりも、速読により物事を短時間で記憶することができ、その分だけ理解する作業に回すことができる時間が増えるというぐらいに考えておいた方がいいと思います。

 蛇足ですが、速読が本当に役に立つのは社会に出てからです。ビジネスマンやサラリーマンは大量の資料に目を通す必要があります。その場合には、資料を読む目的に応じて、即ち、資料の大意を掴むのか、それとも或るアイディアが文章中にあるのかということに応じて、その一点に集中して速読することになります。探し物目的の場合には、文章の大筋などまるで理解していないし、理解する必要もないのです。

質問した人からのコメント

2007/1/17 18:07:14

降参 長く丁寧なコメント有難う御座います。
速読できても理解できなければ意味もないですしね。
ネットで検索すると怪しそうな会社もありますね・・・。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。