ID非公開

2007/1/13 16:12

22回答

海水の温度は深いほど低く、急に下がるところを温度躍進層と言いますが、なぜ温度躍進

海水の温度は深いほど低く、急に下がるところを温度躍進層と言いますが、なぜ温度躍進 海水の温度は深いほど低く、急に下がるところを温度躍進層と言いますが、なぜ 温度躍進層において急激に水温が下がるのでしょうか?

数学899閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

純水は4℃で密度が最大になりますが、塩分を約3%含んでいる海水はそれとは若干異なり、凍る直前の2℃付近で 密度が最大になります。このため、気温が氷点下になる冬期には、表面で冷やされた海水はどんどん沈み込んでいき それと入れ替わりに下の方のまだ温かい海水(比重が軽い)が昇ってきます。表層の数十mは昼と夜の温度差により 対流や、風や波による乱流で海水が混合されますが、その下の水(比重が重い)とはほとんど混じり合うことがありません。 これによって、表層の水には大して温度差がないのに、その下には急激に温度が下がる層があります。これを水温躍層 といい、上下の水を隔てる壁になっています。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

♪メイドテイラーさん♪ ありがとうございました(^з^)b 表層の水が混合され、循環するところに原因があったのですね。比重が重い下の水とは混ざらないから、ガクッと温度が下がるのですね^^ aswsgno1jpさん★ 風や波等での擾乱がないと混ざらないとのこと、参考になりました^^ ありがとうございました。

お礼日時:2007/1/14 19:12

その他の回答(1件)

0

温度が急に下がるところを「温度躍進層」と言うので、何故、温度躍進層において急激に水温が下がるのでしょうか?という質問は意味をなさない。 強いて答えれば、水温や塩分密度が異なる海水は比重が異なるため、風や波等での擾乱がないと、簡単には混ざらないからです。