ここから本文です

補助動詞は、敬語の補助動詞と、断定の助動詞なり とあわせてマスターしよう って...

yyj********さん

2013/4/211:17:54

補助動詞は、敬語の補助動詞と、断定の助動詞なり とあわせてマスターしよう

って、参考書に書いてあるんですけど、
断定の助動詞なり と合わせるって例えばどういう時ですか?

教えて下さい!!

閲覧数:
534
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sno********さん

編集あり2013/4/905:50:38

○敬語の補助動詞
・「~〔本動詞〕+給ふ」→尊敬語
・「~〔本動詞〕+聞こゆ」→謙譲語
・「~〔本動詞/名詞〕+(に)+侍り」→丁寧語
・「~〔本動詞/名詞〕+(に)+候ふ」→丁寧語

のように用いられますが,丁寧語の用例を丁寧でない・普通の形にすると,
・「~〔本動詞/名詞〕+なり」のように,断定の「なり」による言い切り表現となります。
このようなことから,
①常体文「~なり」
②敬体文「~侍り/候ふ」
のように対応しますので,合わせて学習しておくとよい,ということです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる